*

16産の「きこ2」は硬くておいしかった

公開日: : 2014/08/17 近江牛, 商品

O

お盆期間中は、1年でベスト3に入る繁忙期なわけですが友人知人の動向をFacebookでみると、みなさん多趣味ですね。海や山、温泉やレジャーランド、海外でバカンスを楽しんでいる友もいたり… それに比べて私はこれといった趣味もなく、朝から晩まで肉を食べ、たまの外食も肉。自分で投稿したFacebookの写真を眺めながらまた肉が食べたくなるという肉欲体質(笑)

毎夜毎夜、仕事が終われば自宅で肉を焼き、ワインを飲んでそのまま寝てしまうということもしばしばあったりするのですが、昨夜は木下牧場さんの「きこ2」219ヶ月齢のお母さん牛を食べねばとサルティンボッカへ出かけたのでした。

さすがに16産しているお母さん牛なので肉自体が小さくて身が引き締まっています。通常の牛の半分以下といったところです。目方と行き先はこんな感じ。

ソトモモ4.7kg(木下さんが買い取り) ランプ3.7kg(愛と胃袋) シンタマ4.0kg(きたやま南山) ウチヒラ5.0kg(サルティンボッカ)

しかし硬かった(笑)… 熟成させてこの硬さなのでフレッシュの状態なら噛みきれなかったでしょうね。ただ、味が濃くて滋味深く個人的にはたまらなくおいしかったです。大きなカットだと歯が疲れるのでサイコロ状にカットして口に放り込むと本当においしくて、肉を噛みしめて味わっているという人間の本能のようなものが蘇ります。これやこれこれ…て感じです。

サシが入った霜降り肉とは対極すぎる赤身肉ですが、これからは多様性の時代です。霜降り肉があり赤身肉があり、熟成肉があり、なんでもありでいいと思うのです。選ぶのは食べ手ですからね。

いまは赤身肉や熟成肉がブームになっていますが、業界全体としては喜ばしいことだと思っています。それだけ牛肉が注目されているということですからね。ただ、霜降り肉を批判して赤身肉を正当化したようなことを発言する人がいますが、これはいただけませんね。

認めて受け入れながら自分の主張をすべきだと思いますし、牛が本来持っている血統の良さを引き出して霜降り肉にする日本の生産者の技術はすばらしいと思います。ただ、牛をギリギリまで追いつめてサシを入れるやり方には私は賛成できないし、そういった肉を扱うことはないという、これは方針というか私とお客様との決め事のようなものなのです。

8月15日の夕方に読売テレビの「かんさい情報ネットten」において、赤身肉の特集が放送されました。私も少しだけですが出させていただきましたのでよかったらご覧ください(

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

生産者×肉屋×料理人

豚の頭を解体するLe14eの茂野シェフ。いやぁー驚きました。パリでの修行時代に6年だったか7

記事を読む

あけましておめでとうございます

本日1月2日より仕事始めです。毎年のことですが元旦はどこにも出かけず家にこもってテレビ三昧。体を動か

記事を読む

もうすぐ販売します。毎日食べても飽きないコロッケ

昨年の秋頃からコロッケを作ってまして、ようやく完成しそうです。 ようやくというのは、本日

記事を読む

一頭まるごと使った近江牛カレー

たまに無性に食べたくなるのがカレーだ。 仕事を終えて帰宅する途中にFCのカレー屋さんが

記事を読む

融点が低いからくどくない?そんなことはないと思う

現在販売中の近江牛(橋場牧場)の評価がすこぶる良い。 格付けA3ではあるが、モモにもサ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930