*

近江プレミアム牛に福井の銘酒“梵”が給餌されます

photo1

もう初夏の季節ですが、福井の加藤吉平商店では1年中厳寒に冷却された酒蔵の内で、6月末まで無添加の純米酒造りが続いています。私たちが伺った日もまさに酒造りの真っ最中で試飲もさせていただき、あまりのおいしさについついおかわりを(笑)

4月に開催した肉Meetsで加藤吉平商店の“梵”とコラボさせていただき、その流れで梵の酒粕を分けていただくことになりました。いつもそうなのですが、私たちが取り組むことは前代未聞のことばかりで、今回も友人のクラビッシュ佐野社長や加藤社長が共感くださり、つながりのなかで実現したわけなのですが、近江プレミアム牛だけではなく今後は200頭の保有牛すべてに給餌することができそうです。

近江プレミアム牛は国産飼料100%を謳っておりますので、キャリーオーバーをはねていくと、純粋な国産飼料は意外と少ないのです。未来はすべての牛に国産飼料を与えたいのですが、牧草地の確保から刈り取るための機械導入などまだまだ道は険しく、とりあえずは月間2頭の出荷を目指します。

木下牧場のお母さん牛はすべて兵庫の但馬系です。梵に使われる米も兵庫の山田錦です。もしかすると懐かしい味に少しくらいは記憶がよみがえるかも知れません。そんなことを考えるだけでも楽しいのですが、加藤社長曰く、山田錦の生産者まで明確にできるとのこと、まさに私たちが求めている「飼料にもトレーサビリティ」を実現できそうです。

photo2

まずは、給餌する全体の2割程度を梵の酒粕にし、その後は様子をみながら調整していきたいと思います。すでに昨日から給餌していますが、食いつきがよい仔と様子を伺っている仔がいました。どちらにしても肉を食べながら梵で一杯という贅沢な日を夢見ながら日々の牧場通いが楽しみになりました。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

骨から肉を外すという行為

写真がインスタント風ですがスマートフォンの仕業です(笑) さて、若かりし頃はあんなに嫌だっ

記事を読む

昔の肉を追い求めて

テレビ局の方から「新保さんが考えるおいしい肉とはどのような肉ですか」と質問されました。肉質や色、

記事を読む

去勢は吊るし30日で雌は40~50日がベストかな

クレメンティア田淵シェフによる桜の枝による燻製。こういうのをセンスと言うんでしょうね。肉は木

記事を読む

肉Meets in 藤井牧場の近江プレミアム牛を食べる会×左嵜啓史with笛吹利明LIVE

23回目を迎える肉Meetsは、きたやま南山はなれで開催されました。初の2部構成で1部はシン

記事を読む

近江プレミアム牛のTボーンがあまりにもおいしくて感動した

TPPについてどう思いますか?といった内容の取材を受けた。関税の撤廃により米国などから安価な

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31