*

Restaurant愛と胃袋の母の日は激愛メニューです

公開日: : 2014/05/02 グルメ

 IMG_5229

昨日に引き続き、木下牧場@近江長寿牛のドライエージングビーフの骨抜きを朝からやってまして、その他にも今日は仕上がり10本となんとか連休に販売できる分を確保することができました。熟成期間を40日で設定しているため、予定外にバタバタと売れてしまうと販売ストップなんてこともあります。ある程度は在庫しているのですが、オーダーがあればなんでもかんでも熟成肉だったらいいというものではなく、取引先のレストラン(厳密にいえばシェフの好み)に合わせた肉選びをします。

例えば、木下牧場@近江長寿牛のドライエージングビーフなら、木下牧場へ来ていただいたシェフ、もしくは木下さん自身をご存じのシェフに使っていただくようにしています。デタラメな「生産者の顔」やポーズが多いなか、大切に使っていただくためには、生産者自身と親しくなければ愛ある料理は作れないと思っています。なにをクサいことをと言われそうですが、突き詰めると結局は「愛」に行きつくんです。いくらよい食材を使っていても、食べ手がなにも感じなければ記憶に残ることはありませんし再訪もないでしょう。

2013年の9月2日に、東京三軒茶屋のRestaurant愛と胃袋の鈴木信作シェフが奥さんとお子さんを連れて愛農高校と木下牧場へ来られました。

IMG_0744

その後は、愛農ナチュラルポーク、木下さんの近江牛を使い続けてくれているのですが、
今年に入って今度は木下さんがRestaurant愛と胃袋へ出かけたりと親交が続いているのです。これってじつはすごいことで、畜産農家とレストランが交わるなんてことは考えられないのです。中間に問屋やJAが介在するのでまったくではないにしろあり得ないことです。

しかも、木下さんのように繁殖農家さん(正確には木下さんは繁殖肥育一貫農家なので出荷までやってしまいます)は、子牛を産ませて8ヶ月程度育てた後は、子牛市場へ出荷してお役御免なのです。だから自分が育てた牛がどこへ買われていったのか、最終的に消費者の口に入ったのか、レストランで使われているのか、はたまた加工品になったのか・・・分からないのです。

だからこそ、生産者が自分が育てた肉をレストランで食べるなんてことは通常では考えられないのです。涙もろい生産者なら泣きながら食べますよ、ほんとに。

さて、連休真っ只中ですが、5月11日(日)は母の日です。忙しすぎて忘れている方も多いんじゃないでしょうか。Restaurant愛と胃袋では、期間限定でこんなすばらしいメニューができあがりました。

10329257_878185598861637_3290911450319927442_n

「高校生が育てた愛農ナチュラルポーク」、「塩原さんの菌耕農法の長芋」、「木下牧場さんの近江牛の熟成おかあさん牛」という、まさに生産者の方々が「子(食材)の成長を願い、母(自然)に感謝しながら」、大切な家族や友だちのようにていねいに愛情をかけて育てられたもちろん美味しく、もちろん安全な食材をラインナップした期間限定コースにいたしました。(Restaurant愛と胃袋@恵海さん)

母の日は家メシ派の方も、今年は出かけてみてはいかがでしょうか。高級レストランや三ッ星レストランはよい食材は手に入っても、こんなに愛のこもったメニューは作れません。料理は愛だというシェフがいますが、Restaurant愛と胃袋の母の日メニューは、その上をいく激愛なメニューですね(笑)

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

料理通信第5回全国お宝コンテストでジビーフが世界に自慢したい9品に選定

今朝の情報番組でやってた近大マグロの図。稚魚を東洋冷蔵が買って育った成魚をツナ・プリンスとし

記事を読む

茶路めん羊牧場 × クレメンティアはかなり激しく感動しました

 5月13日(火)に京都のクレメンティアさんで「肉Meets × 茶路めん羊牧場 in アニョードレ

記事を読む

専門店にみるホンモノの味

牛肉は毎日のように食べているのだが 豚肉はほとんど食べない。 嫌いというわけではない

記事を読む

豚の血を原料にしたサングイナッチョが衝撃的だった

イタリアでは豚の血のソーセージをサングイナッチョと言うらしいのですが、ある日のこと、某シェフが「イタ

記事を読む

焼き肉家 益一

京都の「益一」さんにお邪魔した。 恥ずかしながら私はきたやま南山の楠本さんから聞くまで

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28