*

肉Meets in ビストロ デ シュナパン(Bistro des Chenapans)

公開日: : 2014/02/06 イベント

IMG_3110

2月4日に今年2回目となる肉Meetsを大阪のビストロ デ シュナパンで開催させていただきました。川田シェフとはあまから手帖の企画で出会わせていただいたのですが、そのときに食べたのがステックフリットでした。そしてこの日のメインもステックフリットでした。しかしその味はまったく違うものでした。

川田シェフは基本がフレンチなので肉にソースを合わせます。しかし、あくまでも個人的な好みの問題なのですが私はあまり好きではないのです。川田シェフとのファーストコンタクトはまさしく私が苦手とする「熟成肉×ソース」でした。まったく苦手というわけではないのですが熟成香とソースがケンカしているような印象を受けてしまいました。香を強く放つ熟成肉はソースよりシンプルに塩をかける程度がおいしいのです。

グラスフェッド(牧草肥育牛肉)のような赤身が強くて淡白な味の牛肉にはソースが合いますし、穀物肥育したサシたっぷりの和牛には和風な食べ方が合うと思うのです。好みにもよりますが魚の刺身のように和牛には山葵をつけて醤油でパクッとやるのがいちばんうまかったりしてね(笑)

20130922135441498_0002

さて、この日の川田シェフの料理は冴えていました。1皿目は木下牧場のランプ肉を使った独創的な料理でした。そして、シャルキュトリーにはじまり、海老芋のポタージュスープ、愛農ナチュラルポーク骨付きロースのロティ、〆はステックフリット、そしてデザートでした。

IMG_3060

愛農ナチュラルポークの骨付きは、こうやってみると迫力ありますね。脂のおいしさに参加者のみなさま驚かれていました。火入れも抜群でした。

IMG_3110

そしてなによりも、ステークフリットが進化していました。はじめて食べた時とはまったくの別物でした。川田シェフ、かなり肉を焼いていますね。そういった経験がおいしさに反映するんですね。肉は火入れにかけた時間と同じだけ休ませたりするのですが、肉の状態を確認する時にシェフが指で触って判断している光景をよく目にします。これなんて経験でしか習得できないわけですから何枚も何枚も肉を焼かなければ身につきませんね。

とにもかくにも、ビストロ デ ショナパンはまだまだ進化します。そして川田シェフの料理は生産者に寄り添いながら心を通わせたすばらしい料理であると再確認した次第です。ごちそうさまでした。とってもおいしかったです。

さて、肉Meetsを通じていつも感じることなのですが、こういったイベントは通常の営業とは全く異なるので段取り通りいかないことがほとんどです。私はそれでいいと思っています。店側としては課題が見つかり、参加者はそういったことも含めて楽しんでいただければと思っています。参加者は遠慮なく店側に改善点を伝え、店側はそれらを次にいかしながらステップアップしていく。シェフにとっての肉Meetsは学びの場なのです。本来、店はお客様が作り上げていくものであり、料理人はお客様が育てていくものだと思っています。

参加者のメリットは、繋がりです。ネット上やテレビなどで情報が溢れている現在において正しい情報を見分けることはむつかしいと思うのです。メディアが流す情報は一方通行です。もしかすれば操作されているのかも知れません。

安全で安心して食べられる、私たちの胃袋を満たしてくれる情報を得るには信頼できる人から得るしかないのかも知れません。そのためにはPCやテレビの前に座っていてるだけでは正しい情報は得られないのです。自らの足で出かけて信頼できる人と繋がるしかないのです。肉Meetsを続けている理由の1つがそこにあります。

2月14日で一周年を迎えるビストロ デ シュナパンですが、え、まだ一周年、、、と驚くような料理を提供してくれます。通い続けて川田シェフの進化を見続けるのも楽しいかも知れません。

☆ビストロ デ シュナパン (Bistro des Chenapans)
大阪市西区京町堀2-14-1 06-6147-3666

今後の肉Meetsですが、4月25日(金)に「日本酒×イタリアン」というステキなコラボが決定しました。友人の地酒.com・クラビシュの佐野吾郎さんの協力により、福井が世界に誇る銘酒、加藤吉平商店の「梵」と木下牧場の近江牛がサルティンボッカ木村シェフによってデザインされます。

当日は超多忙な蔵元加藤さんもご参加くださいます。かなり楽しくなりそうですのでどうぞご期待ください。近日中に募集開始します。

2月23日(受付中) 肉と野菜とワインの魅力を味わう会 in きたやま南山(
2月27日(受付中) 熟成肉と愛農ナチュラルポークの会 in NAOMI(新潟県燕市)
3月25日(満席)   完全放牧野生牛お披露目会 in イルジョット
4月04日(受付中) 完全放牧野生牛Japan Dryaging Beef in サルティンボッカ
4月07日(準備中)  近江牛タン祭り in イルジョット
4月25日(準備中) 近江牛 × 梵 in サルティンボッカ
5月09日(準備中) 左嵜 啓史Live in きたやま南山焼肉ディナーショー
5月13日(準備中)  茶路めん羊牧場アニョードレ食べ尽くしの会 in クレメンティア

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポークのお披露目会メニューが決まりました

12月6日(木)開催の愛農ナチュラルポークお披露目会のメニューの打ち合わせで サルティンボ

記事を読む

FESTIVIN京都で肉を焼きポテトを揚げ、すさまじい3時間だった

自然派ワインを日本に根付かせたパイオニアでもある祥瑞の勝山さんが「おいしいワインを楽しむ機会

記事を読む

肉Meets × 茂野眞 in Le14eル・キャトーズィエム

告知数時間で速攻満席、まぁね、5坪11席なので仕方がないのですが、まさにプラチナチケットです

記事を読む

草原あか牛『eco beef』一般公開セミナー

2012年2月9日生まれ6歳の「あつこさん」 5回目の分娩子育てを終え9月19日に肉になった

記事を読む

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉田牧場の全作さんと原野さんもい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930