*

ビストロを30年続けるためには

公開日: : 2013/05/13 雑記

IMG_7593

土日と金沢へ行ってきまして、名前だけは聞いていた倫敦屋のマスター戸田さんと初対面。お決まりのジントニックを最初に1杯飲めば、その店が私に合うかどうかがわかる。といえばなんかエラそうなのだが、私の中での決まり事みたいなものなのです。

最高においしかったのは言うまでもなく、ジントニックを必ず飲むようになったきっかけは、東京在住の友人(女性)が、「主人はジントニックしか飲まないの。人徳を積むとか言ってね(笑)」というようなことを笑いながら言うわけです。でも、ご主人は冗談ではなくいたって真面目。

だれもが知ってる大きな会社の社長さんがですよ、ジントニックで願掛けなんてステキじゃないですか。もうそれ以上人徳積まなくてもいいと思うのですが。

それからですよ、私も最初の1杯はジントニックを飲むようになったのは。おかげさまで良縁に恵まれるようになりました。

ところで、出張中も私の携帯は着信だらけ。会社から、取引先からとありがたい電話ばかりです。熟成肉に関しては、私しか対応できないこともあり出張先であれなんであれ出先からでも急ぎの問い合わせには折り返しご連絡差し上げている。

今日は、某所でプライベートレストラン(予約専門レストラン)を経営されているオーナーシェフが雑誌をご覧になって来店された。Le14eのシゲさんが「専門料理」で私のことをPRしてくれたらしい。

今月号は、ビストロ特集でシゲさんが3ページに渡って掲載されている。ビストロといえばパリだが、日本に登場して40年だそうだ。パリの老舗ビストロ・ロングインタビューのなかで、長く愛されるビストロの条件に「オーナーの強烈な個性」ということが書かれていた。

先日、ある有名なレストランで食事をしたのだが、メインの牛ヒレにはなんの感動もなかった。失礼な表現をすれば、ただ柔らかいだけ。メニューには「和牛フィレステーキ」と書かれていた。食べる前から味が想像できる。

今日お越しいただいたプライベートレストランのオーナーシェフも、開店間もないこともありメインに和牛フィレを使っているとのこと。そろそろ個性を出していきたいとのお話だった。

長く続けるのは、肉も人も個性が重要ということですね。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

30年ぶりの天王寺、繁盛店から学ぶ

何年前になるだろうか、何かの雑誌で見た大阪天王寺の焼肉店。 一回行ってみたいと思いつつもそ

記事を読む

ワインブームの陰に肉あり

京都の正統派フレンチ、レシャンドールへお邪魔した。前回の訪問は4年前だったが創作ではない真っ

記事を読む

蟹の話、エシカルについて考えてみる

いつも行くイタリアンのお店で必ず頼むのが、海の幸カルパッチョだ。 これが抜群にうまくて、こ

記事を読む

あるシェフの言葉にシビレて眠れなかった。こういうシェフが指名してくれる肉を育てることが私の目標であり、やらなければいけないこと。その先にあるのは肉屋の社会的地位向上しかない。

あるシェフから送られてきた1枚の写真。僕も参加するはずだった食事会でしたが、翌日の朝が早いた

記事を読む

ピエールオテイザさんととんかつ

バスクのピエールオテイザさんが来日しているので、マッキー牧元さんのお誘いで浅草のとんかつ屋す

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年3月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31