*

謙虚さ、パッション、夢、この3つの〝食材〟が料理人にはなくてはならない

公開日: : 2012/12/22 雑記

サルティンボッカ

JR南草津駅から徒歩5分、サルティンボッカというイタリアンレストランがある。
木村シェフ(真中)の料理に魅了された人たちで連日賑わっている。

牛肉の扱いがとても丁寧で、木下牧場の近江牛がいつでも食べられるという私にとってもありがたい店なのだ。しかもどう考えても利益がとれているような値付けではないので、いつだったか「大丈夫ですか?」とお聞きしたことがあった。

おいしいお肉の存在を知ってほしいのでお肉に関しては利益度外視でやってますとのことだった。

ところで、写真の右端はサルティンボッカのスタッフではなく、きたやま南山の江口店長代理だ。焼肉店のスタッフがイタリアン?と不思議に思われるかも知れないが、木下牧場の肉繋がりでお互いが行き来し学びあっているというわけだ。

私たちが取り組んでいる、サステイナブル畜産は、生産者~流通者~販売者~レストランや消費者の食卓へと安全と安心を運ぶ「Farm to Table(牧場から食卓へ)」を実践しています。

それは業界の垣根を越えた新しい取り組みであり、理想とする環境だと思うのです。料理人が畑違いの料理を学べる機会なんてそうそうありません。それが肉で繋がるなんてすばらしいじゃないですか!

「オステリア・フランチェスカーナ」のマッシモ・ボットゥーラは、謙虚さ、パッション、夢、この3つの〝食材〟が料理人にはなくてはならない、といっています。

教わる立場は、技術(料理)を学ぶだけではなく、3つの食材もぜひ学んでいただきたいものだ。

謙虚さ、パッション、夢、この3つは私も常に意識している。

謙虚でいれば常に新しい発想と出会うことができる。
今年は会いたい人、行きたいところへ積極的にでかけた1年だった。
パッションがあれば行動が伴う。
真面目に生きていても不条理なことやどうしようもない困難に出くわすことがある。
でも、そういうときこそ夢を語るように心がけている。

いよいよ明日から超多忙な1週間がはじまる。
忙しいときほど丁寧な仕事と謙虚な姿勢で、おいしいお肉を全国のみなさまにお届けできるよう全力で取り組ませていただきます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉でおいしい部分

肉でおいしい部分はどこですか? こういう質問は一番困るがとにかくよく聞かれる。 なに

記事を読む

史上最強のローストビーフはママの手作り

結着剤を利用したローストビーフの話題がテレビやネットニュースで流れる。なにをいまさらと思うの

記事を読む

霜降り肉と赤身肉の2極化、さてあなたはどっち派

京都ホテルオークラで開催された「信州プレミアム牛肉」の発表会に参加してきた。 京都食肉

記事を読む

シャルキュトリーと肉、そして産地と生産者

ここ最近、お付き合いのあるシェフたちはシャルキュトリー(パテなどの肉加工)に力を入れている。イルジョ

記事を読む

ジビーフと羊と運・鈍・根

完全放牧野生牛(ジビーフ)のヒレと茶路めん羊牧場のTボーンが同時に味わえるということで、サル

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930