*

謙虚さ、パッション、夢、この3つの〝食材〟が料理人にはなくてはならない

公開日: : 2012/12/22 雑記

サルティンボッカ

JR南草津駅から徒歩5分、サルティンボッカというイタリアンレストランがある。
木村シェフ(真中)の料理に魅了された人たちで連日賑わっている。

牛肉の扱いがとても丁寧で、木下牧場の近江牛がいつでも食べられるという私にとってもありがたい店なのだ。しかもどう考えても利益がとれているような値付けではないので、いつだったか「大丈夫ですか?」とお聞きしたことがあった。

おいしいお肉の存在を知ってほしいのでお肉に関しては利益度外視でやってますとのことだった。

ところで、写真の右端はサルティンボッカのスタッフではなく、きたやま南山の江口店長代理だ。焼肉店のスタッフがイタリアン?と不思議に思われるかも知れないが、木下牧場の肉繋がりでお互いが行き来し学びあっているというわけだ。

私たちが取り組んでいる、サステイナブル畜産は、生産者~流通者~販売者~レストランや消費者の食卓へと安全と安心を運ぶ「Farm to Table(牧場から食卓へ)」を実践しています。

それは業界の垣根を越えた新しい取り組みであり、理想とする環境だと思うのです。料理人が畑違いの料理を学べる機会なんてそうそうありません。それが肉で繋がるなんてすばらしいじゃないですか!

「オステリア・フランチェスカーナ」のマッシモ・ボットゥーラは、謙虚さ、パッション、夢、この3つの〝食材〟が料理人にはなくてはならない、といっています。

教わる立場は、技術(料理)を学ぶだけではなく、3つの食材もぜひ学んでいただきたいものだ。

謙虚さ、パッション、夢、この3つは私も常に意識している。

謙虚でいれば常に新しい発想と出会うことができる。
今年は会いたい人、行きたいところへ積極的にでかけた1年だった。
パッションがあれば行動が伴う。
真面目に生きていても不条理なことやどうしようもない困難に出くわすことがある。
でも、そういうときこそ夢を語るように心がけている。

いよいよ明日から超多忙な1週間がはじまる。
忙しいときほど丁寧な仕事と謙虚な姿勢で、おいしいお肉を全国のみなさまにお届けできるよう全力で取り組ませていただきます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉焼きはセンスによるところが大きい

お盆の繁忙期前でバタバタしていますが、一昨日は親交のあるマッキー牧本氏と神戸で合流してからの

記事を読む

エシカル・ソーシング(Ethical Sourcing)という考え方

12月8日に、経産省の委託事業で 「情報モラル啓発セミナー 東京」が開催される。 詳

記事を読む

手間隙かけたものは高くてあたりまえ

久しぶりに「コムデギャルソン」のポロシャツを買ってみた。 たまたまだが、ニュースサイト

記事を読む

商品を売るのではなく考え方を売る

いやぁー、便利になったものだ。 10年程前、三重県阿山(現在の伊賀市)のゴルフ場へ出入り(

記事を読む

「A5=おいしい」は間違い

経済産業省中小企業庁委託事業として開催されている 情報啓発モラルセミナーの東京講演に出講さ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年3月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031