*

専門店にみるホンモノの味

公開日: : 2012/07/15 グルメ

画像 609.jpg

牛肉は毎日のように食べているのだが
豚肉はほとんど食べない。

嫌いというわけではないのだが、どうしても牛にいってしまう。

当店でも鹿児島産の豚肉を販売しているのだが
試食以外は食べることが少ない。

冬場はしゃぶしゃぶにして食べる機会も多少は増えるのだが
夏場はBBQでバラ肉を焼く程度だ。

さて、先週はとかち帯広へ出かけてきた。

到着するなりJR帯広駅構内にある豚丼の専門店「ぶたはげ」というお店へ。
昭和9年創業というから、おそらくここが豚丼の発祥なのだろう。

あまり期待もしていなかったのだが、これが思いのほかうまい!
いきなりの先制パンチをくらったようだ。

豚肉によくある獣臭もなく、ジューシーで柔らかい。
聞くところによると、豚肉は北海道産のものを使っているとのこと。

しかも、1枚ずつ850度の高温で網焼きしているので
柔らかいだけではなく、余分な脂が抜けてまさしくサクサクという食感なのだ。

豚丼は、うなぎの蒲焼きをイメージして世に出たものだがまったくの別物で
他所で食べたことのある豚丼ともかなり違っていた。

さすが専門店と名乗るだけのことはある。

当店も近江牛専門店の看板を掲げている以上、自信と信念を持って
牛肉道を歩んでいきたい。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

和食の料理人が作る牛肉料理はシンプルだがおいしい

外食の回数を減らしてできるだけ内食でとは思うのですが、おいしいものに関してだけはフットワーク

記事を読む

鎌倉石窯ガーデンテラスで肉、パスタ、そして幸せな時間

「4th 肉Meets at COOK&DAINE HAYAMA」の翌日、鎌倉で大成

記事を読む

2013年、キックオフ

お節は、知人の藤村屋さんにお願いして3年目になる。 特別豪華というものでもなく特に変わっ

記事を読む

シャルキュトリーと肉、そして産地と生産者

ここ最近、お付き合いのあるシェフたちはシャルキュトリー(パテなどの肉加工)に力を入れている。イルジョ

記事を読む

12月24日金沢にビステッカ・アルティジャ―ノOPEN!

金沢の繁華街、片町に倫敦屋酒場(ロンドンヤバー)なる店があります。知る人ぞ知る、お酒好きなら行ったこ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年7月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031