*

【謹賀新年】あけましておめでとうございます

公開日: : 2012/01/02 雑記

_N7K5381+2.jpg

昨年は大変な一年でしたが
今年は穏やかに過ごせる良い年にしたいものです。

少しだけ振りかえると
畜産業界にとってはこれ以上ない試練の年でした。
 

震災による影響、生食問題、放射性セシウムなど
これでもかというぐらい次から次へと問題が起こりました。

打ち続く災難に打ち勝つには
世界基準で食肉需要を考える必要があるのではないかと
滋賀の田舎で小さな肉屋を営む私でさえ、そんなことを考えさせられました。

なにか新しいものを作るには、すべてを壊すほうが作りやすい
ということで昨年の10月にサイトを大きくリニューアルしました。

昨年末にはたくさんの受注をいただき、見やすく買いやすくを
実感していただけたのではないかと思っております。

以前は、牛肉に対する私の想いが強すぎたサイトだったので
どうしてもマニアックなところが要所要所にありました。

たくさんの賞をいただいたり、
百科事典のようなサイトだとお褒めいただくこともあったのですが、
思うところもあり、リニューアルに至ったわけです。

さて、数年前の私の日記にこんな言葉が書いてありました。

 “牛肉は値段じゃなくて産地で選ぶのが正しい見方”

例えば、焼肉食べに行く?とお誘いするよりも
近江牛食べに行かない?と言うほうが、ご馳走感を感じると思うんです。

12月31日は、肉屋にとって1年で一番忙しい日でもあります。

実店舗は、開店からたくさんのお客様で賑わいました。

木下牧場のお肉ください!!!

藤井牧場のお肉はどれですか???

こんな光景は、全国どこの肉屋へ行っても
まず見られないと思います。

すき焼き用とか焼肉用とかではないんです。
だれが育てたのかが最優先なんです。

「こちらのすき焼き用が木下さんのお肉ですよ」

「じゃー、それ1.0kgください」

というような買い方なのです。

そういったお客様がホントに多く来店されました。

サイトにも、トップページの最下部に
販売中の生産者情報を掲載しています。

“牛肉は値段じゃなくて産地で選び、さらに生産者で買う”

2001年から生産者指定の近江牛を販売し続け
昨年末、ようやく認知されてきたように実感した。

2012年、こういった取り組みがもっと浸透するように
一生懸命、生産者とともに取り組んでいきます。

それでは、本年も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願い申しあげます。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おいしい肉とは

左から大樹じゃがポーク前肢のパテ、イベリコの生ハム、サラミです。Le14e茂野さんの手作りで

記事を読む

2014年すべての人に感謝してすべての営業を終了させていただきます

25日を過ぎるとあっという間に31日... 発送のお肉を切りまくり&店頭の忙しさに栄養ドリン

記事を読む

料理人と食材の相性について思うこと

昨日からセジールで販売しているジビーフのハンバーガー、かなり好評です!パンはシェフが毎朝焼い

記事を読む

北海道せたな町で生まれ育った放牧豚

2012.11.15産まれの7歳、56産したお母さん豚です。産まれも育ちも北海道せたな町。ロ

記事を読む

赤身肉の価値観

宮崎日南水産に熟成肉を持ち込んで焼いてみたが、これがけっこう旨くて 普通に焼いても熟成肉特

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年10月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031