*

サーロインステーキにライムを搾って

公開日: : 2011/11/19 ステーキ

_N7K1681.JPG

熟成肉を販売しはじめてから
あきらかに肉を焼く日が増えてきた。

これが、実におもしろいのだ。

熟成肉は、時間をかけてじっくり焼いてみたり
通常のロース肉は、肉から出る水分が嫌な臭みにつながらないように
焼きながらこまめにキッチンペーパーに吸わせてみたりと
とにかくおもしろい。

うまく焼けたときのうれしさは格別だ。

写真は、いまもっともよく売れている
近江牛超吟撰サーロインステーキだ。

サーロインの芯だけをくり抜いているので
脂身は苦手だが赤身肉では物足りないという方におすすめです。

さて、サーロインは、リブロースに続く背中の部位で
上部腰肉の部分だが、命名については

イギリスのヘンリー8世に由来するという説があるそうで、
食道楽として有名なヘンリー8世が食べた腰肉(loin)があまりに美味しくて、
サー(sir)の称号を与えたというのだ。

牛肉関連の書物にも「サーの称号を与えられたからサーロイン」と
書かれていることがほとんどだが、これは俗説だという話もある。

実際に「サーロインステーキ」と言うのは、
イギリスでそう呼ばれるよりもっと前からフランス語の
『シュールロンジュ』(surlonge)に由来するという説もある。

上(シュール)のロンジュ(背肉)と言うことで
それが英語読みになって「サーロイン」と呼ばれるようになったといわれている。

サーロインの特徴は、写真のようにサシが入りやすいことから
ステーキはもちろんのこと、すき焼きやしゃぶしゃぶにしても美味である。

私が最近ハマっている食べ方は、
塩、胡椒をせずに焼き、焼きあがった肉にライムを搾って
を少しつけて食べるのがマイブームだ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ローストビーフを作るにはランプ肉がおすすめです

近江牛.comには、リニューアル時(昨年の10月)に削除してしまったコンテンツがたくさんある

記事を読む

旨いステーキの焼き方

疲れた・・・ そう思ったときに食べたくなるのが牛肉。 こう思う人は多いのではない

記事を読む

イチボステーキをバルサミコ酢で

スタッフがパリに行ってきたらしくてお土産をもらった。 なんでも、現地でも入手困難なバルサミ

記事を読む

赤身肉のランプと霜降り肉のサーロイン組み合わせ

12月はイベントが多く、特にクリスマスに向けての 牛肉需要が高まる時期でもある。 当

記事を読む

牛肉関係者はA5よりA3あたりの肉を食べている

  マーク・シャッカーというカナダ人が書いた「ステーキ!」という本がある。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930