*

ハラミはロースを凌ぐ焼肉の人気メニュー

公開日: : 2011/11/15 焼肉

P1010845.JPG

焼肉通に好きなメニューを聞くと
かなりの確率でハラミと答える人が多い。

一昔前までは、ハラミを知ってる人は食肉関係者か料理人ぐらいだったのだが
最近では、一般の方まで知っている。

しかも、ハラミは牛肉ではなく、
内臓に分類されることまで知ってるから恐れ入る。

焼肉屋でも、ハラミは定番メニューとして人気なのだが
ほとんどが輸入牛のハラミかよくても国産牛のハラミだ。

もちろん、和牛のハラミを提供している店もあるが
確率的には少ない。

写真は、きたやま南山の近江牛ハラミだが
サシが入りすぎてハラミに見えない。

サシがよく入っているが、カルビと違って
あっさりとした触感で食べやすい。

さて、ハラミはご存知の方も多いと思うが牛の横隔膜だ。
胸部と腹部の境にある筋肉性の膜で、肺の呼吸作用を助ける器官になる。

上質になるほど、写真のように身が厚くなりサシもよく入っている。

20年ぐらい前、焼肉といえばロースとバラ(カルビ)しか
メニューになかった時代だった。

もちろん、部位的にはウチヒラもソトヒラも、
さらに細分化したヒウチやイチボ、ミスジも存在した。

しかし、当時はネットもなく情報も一方通行だったため
モモもカタも希少な部位もロースやバラに混ぜて売られていた。

市場が大きく変化したのが1991年4月だ。
牛肉の自由化により、米国産のハラミが安価で市場に出回わりはじめた。

すると一気にハラミの需要が増え、しかも安価なものだから
食べ放題の焼肉メニューを支えるまでに成長した。

それ以降は、「ハラミ=安い肉」というイメージが強くなり、
ハラミは安い牛肉の代名詞になっていった。

かたや和牛のハラミはというと、
いまでこそ希少扱いされ入手困難な部位として重宝されているが
当時はそれほど和牛のハラミに執着がなく、どちらかといえばロースの脇役扱いだった。

しかも、ハラミは内臓肉に分類されるため、
業界的にも世間的にも格下のイメージとして扱われていた。

いまでこそ「ハラミ」という料理名が確立しているが、
当時はロースの名前で出していた店も多かった。

ハラミは、一頭の牛からわずか2kg程度しかとれないため、
メニューとして成り立たなかったというのが理由だ。

BSE以降は、米国産のハラミが入手しなかったため
一時期、市場から消えた状況が続いていたのだが、豪州産がとってかわり
いままた米国産の復活、そして安価なニュージーランド産などが出回るようになった。

安売りの焼肉屋やネット通販でみかけるハラミは、
ほとんど、この類のものだ。

ハラミは内臓なので変色が早く、すぐに色変わりしてしまう。
そのためにたれに漬け込んで販売されていることが多い。

しかも、輸入牛のハラミは、赤身が多く、ほどよく柔らかいので
売り方を工夫さえすれば、セール品としてもってこいなのだ。

私は食べないが(^^;

ともあれ、ビバ!ハラミだ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

三角バラのしゃぶしゃぶが超絶うまくて。そしてバラがお買い得

枝肉がいいのか、真空パックの肉がいいのか 断然枝肉だろ、いやいや真空パックの肉は便

記事を読む

近江牛と新玉葱の春キャベツ包み 春の食卓を

暖かくなると焼肉用の肉がよく売れるのだが、みなさんお困りなのが数量だ。 余ってもいやだし、かと言っ

記事を読む

牛肉の美味しさは、味・香り・食感の3つの要素から成り立っている

仕事柄とはいえ、人一倍肉を食べているにも関わらず たまに、無性に肉が食べたくなる時がある。

記事を読む

霜降り肉は人間の体作りにピッタリ

Facebookで中学の先輩と35年ぶりの再会(?)を果たした。 なんでも牛肉は5年間

記事を読む

サシの多い肉はトマト焼肉で食べるべし

三角バラと呼ばれる部位で、当店では近江牛大吟撰カルビ焼肉用として販売している。 よくサ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031