*

生産量を減らして質を高める

公開日: : 2020/08/22 未分類

生産量を増やして売り上げをあげようと思えば、人が足りない、場所が足りない、設備が足りない、お金が足りない。足りないものばかり。ここをなんとかして埋めようとすればするほど事業はうまくいかなくなる。僕の身の丈以上のことをやろうとしているってことかとそのうち気づく。もがいたところでいまさら頭も良くならないし、じゃーどうしましょうかと。

考えて行動したわけでもないし、計画性があったわけでもないが、
出荷量の少ない畜肉を扱ってきた結果として、「生産量を減らして質を高める」ということに行き着いた。

行き着いたといっても、結果的にそうなっただけで、すべてはたまたま。ジビーフにしろ愛農ポークにしろ、年間出荷頭数が限られているので、必然的に僕のほうでも販売量を減らすしかなかった。その分、「手当て」というひと手間に価値をつけて質を高めることにした。

過日のこと。久しぶりに車を運転した。ドキドキしながら天橋立がある宮津の飯尾醸造さんへ向かった。飯尾さんとは経営者として、現場のプレイヤーとして、軸になる部分が似ている。だから話していてもストレスを感じない。サカエヤで販売している「しゃぶしゃぶに夢中」の製造現場も見せてもらった。儲からないことをやってるなぁ、というのが僕の感想。しかも、高い原材料使ってるし。いたるところピカピカの現場はそれだけで信用に値する。愛農ポークとしゃぶしゃぶに夢中のコラボセットなんてどうかな。

画像1

正面は飯尾さんが経営する「すし 長蔵」左には同じく飯尾さんが経営するイタリアン「アチェート」がある。見方によってはイタリアンと寿司屋をやってて儲かってるんだな、と思われるかもしれない。でも、どう考えたって儲かるどころか採算が合わない。じゃーなぜやるのか。自宅に友人を招くとき利益なんて考えないじゃないですか。それと同じですよ。2つのレストランは飯尾さんが飯尾醸造を、そして宮津を表現する場であり、次世代への投資なのかも知れない。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓が入荷してきました。さっそくミ

記事を読む

僕と料理人の関係性について

たまに関係の薄い人から知り合いの料理人へ肉を送ってほしいと頼まれることがあります。こういうのが一番困

記事を読む

プレミア近江牛販売まであと3ヶ月

(撮影:中塚まろみ)[/caption] 自給飼料と国産飼料100%の近江牛を昨年の7月に2

記事を読む

ブルスタでブルゴーニュワインと肉の会

コロナのおかげで考える時間がたっぷりできた。こんなに休んだのは初めて。ずーっと仕事ばかりしていたから

記事を読む

2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変な一年でしたが悪いことばかりで

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31