*

肉塾北海道ツアー日目は石田めん羊牧場さん

公開日: : 2019/09/18 牧場・生産者

石田さんが育てるサウスダウン種は難しい羊だ。小柄な体型、繁殖能力の低さ、系統の少なさ、現実的な話をすると羊のなかでも儲からない羊なのです。だからサウスダウン純血種のみの牧場というのは成り立たない。それでも、なぜ石田さんは経済動物として困難なサウスダウン種にこだわるのか。

「サウスダウン種の羊を食べたとき、あまりのおいしさに驚いた。自分が食べておいしいと思った羊を育てたい」

凄いね。牛の世界では、自分が育てた牛の肉を食べたことがない生産者がたくさんいます。繁殖農家さんは特にそうでしょう。肥育農家さんでも、販売を農協に任せっきりだとその先が見えません。

自分が育てた羊の肉を食べる。そして欠点を知る。これの繰り返しでブレを修正していく。そりゃうまくいかないこともたくさんある。夏場なんか水をよく飲むのでどうしても肉質が安定しない。水分制限すれば虐待しているのと同じこと。

そういう羊は新保さんに送る。だから新しいことにもチャレンジできる。ありがたいです。僕も新しいことにチャレンジできますから。

石田さんの羊ならなんの問題もない。それは石田さんを知ってるから。環境を知ってるから。石田さんのやりたいことが伝わるから。最近、知らない農家さんから牛を買ってほしいと連絡がくる。顔も知らない人の牛は気持ちが入らない。

前回の羊は脂が多かったが、時間をかけて脂抜きをした。屠畜から一ヶ月後に名古屋のゴリラで食べたけどめちゃくちゃうまかった。そして、9月12日屠畜のマトンが届いた。暑さの影響が肉質に現れている。しっかり手当てしてから見違えるようなマトンに仕上げる(つもり)21日以降にシンバへお出かけください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛と胃袋、鈴木シェフが産地で感じたこと

9月18日(水)、19日(木)に三軒茶屋のフレンチレストラン「愛と胃袋」で開催される【新保吉

記事を読む

吉田牧場さんのブラウンスイス牛

僕が商売をしている場所は黒毛和牛のど真ん中。日本最古の銘柄牛“近江牛”を生業にしている生産者

記事を読む

せたな町の村上牧場さんからブラウンスイス牛が届きました

せたな町の村上牧場さんからブラウンスイス(去勢)が届きました。42か月間、哺乳は発酵乳を4か

記事を読む

作り手と食べ手の信頼がつくるおいしい料理

なにから書いていいのかわからないほど高山シェフの料理はすばらしかった。「驚き」と「感動」そし

記事を読む

肉質は餌の影響が大きく、ストレスは環境によって変化し、これって人間と同じことですね

今朝はジビーフに愛農ナチュラルポークに、平かしわに先日のセリで落札した近江牛にと、バタバタと

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930