*

JA十勝清水のチャレンジスピリッツ、十勝若牛

公開日: : 2018/07/27 イベント

JA十勝清水が手がける「十勝若牛」をなんとかおいしくしたい。JA十勝清水のチャレンジスピリットに感銘を受けたのが6年だか7年だか前の話。当時JA十勝清水の岡田参事(当時)と京都の南山さんで初めて会った。JA嫌いの僕と肉屋嫌いの岡田さんが会ったところで笑顔で握手どころか一言も話さなかった。それから数年後、きっかけはなんだったのか忘れたが仲良くなった。僕が知ってるJAの人とは全く違った。JA十勝清水が規格外だった。岡田さんも僕に対して同じようなことを思ったらしい。

そんな岡田さんが当時チャレンジしていたのが、ホルスタインを14か月齢で肉にしてしまう取り組みだった。何度か食べる機会があった。その都度感想を聞かれるのが辛かった。おいしいと言うのは簡単だが、僕もプロなのでいろいろと考えてしまう。

この1年、十勝若牛に取り組んだ。そして自分でも驚くほどおいしくなった。個体によっては黒毛和牛を超えるほどおいしくなった。でも、十勝若牛の良さが消えてしまった。これをおいしくなったと言っていいものなのか・・・悩んだ。

また初めからやり直し。そのたびにJA十勝清水の脇坂さんには無理を聞いてもらった。そして7月25日、イルジョット。僕のわがままでJA十勝清水の方々にも来ていただきみんなで食べた。感想は聞いていないが、僕のなかでは十勝若牛の良さが十分に引き出せたと思っている。ただ、フレッシュのものと長期熟成させたものと今回用意したもの3種類を食べ比べるべきだったと反省している。落ち込んだり悩んだり喜んだり、僕の一生は牛肉に振り回される。

※ドリップが流れているのが十勝若牛(上)。意図的にドリップが流れるような手当てをしている。もう一方は黒毛の経産50日熟成(下)。水分を抜ききったのでドリップは一切出ない。ちなみに2種とも同じ焼き方。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第一回「肉Meets」いよいよ今週に迫りました。

第一回「肉Meets」の料理から、近江牛のテールと田淵農園の冬野菜のスープ[/caption]

記事を読む

サルメリア69×セジール コラボ会

新町さんの生ハムとサラミは機械(スライサー)で切るだけだからなんの問題もない。もしかすると僕

記事を読む

ジビーフを食べる会 in Le14e

昼夜2部制で開催されたジビーフを食べる会Le14eですが、昼の部は飲食関係者が多く、さながら

記事を読む

7th 肉Meets in Clementia(クレメンティア)は大雨の中、大盛況だった

1皿ごとにワインを合わせて丁寧に産地や生産者のこと、特徴を伝えるエーテルヴァインの佐々木くん

記事を読む

肉Meets in ル・クロ・イグレック / Le Clos Y

2013年12月12日、ちょうど1年前になりますが大阪の有名フレンチ「ル・クロ」が本場パリに

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930