*

ジビーフがJAS有機畜産認定となりました

公開日: : 2017/12/29 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフがJAS有機畜産認定されました。もともとはいろんな方から推薦を受けてのことだったのですが、申請に際して駒谷牧場の西川奈緒子さんも僕も積極的ではなかったのです。1ヵ月に1頭しか出荷されないジビーフですし、卸先も限られたところだけだし、あまり意味を持たないと思っていました。それでも推薦してくれる方もいることだし、認証されても邪魔になるもんでもないし、まぁ、いいんじゃないみたいな感じだったのです。

今年に入ってから「放牧」いう言葉が一人歩きしているかのように、いろんなところで見かけるようになりました。熟成肉と同じで言ったもん勝ちみたいなところがあり、いまさらですが、私たちにとってJAS有機畜産認定は区別と理解であり、ジビーフってなに?… という問いに対しての応答の明確さだと思っています。

国内で肉牛として認証されているのは、ジビーフで三例目となりますが、食用として出荷できる牛は大学の研究農場と駒谷牧場のジビーフだけとなります。正直申しましてJAS有機畜産に認定されたからといって何かが変わるわけでもなく、私たちは黙々と目の前の肉をいかにしておいしくできるのか、どうすればお客様にご満足いただけるのか、それだけで精一杯なのです。

ただ、いままでもこれからもジビーフを応援してくださる方々が全国にいらっしゃいますので、その方々の期待に背くようなことだけはしたくないし、誇りに思ってもらえるようなジビーフでありたいと思っています。

ジビーフは数年前まで世の中に出せるような牛肉ではありませんでした。ましてや近江の地でサカエヤが販売することになるとは思っても見ないことでした。一人の女性の夢と希望とそこに集う共感者たちが繋いでいった時代を逆行するような牛肉、それがジビーフであり、牛が本来の形を取り戻すべき姿なのかもしれません。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2年越しでようやくIKU青山でジビーフが食べられる

中古車販売のガリバー、元副社長の村田さんが第二の人生を賭けて飛び込んだのが飲食業界だった。そ

記事を読む

対照的な牛2頭はコザシの近江牛と赤身が詰まったジビーフ

9月14日にと畜した後藤牧場さんの近江牛(A-4)ですが、サシが細かく入っていて見るからにお

記事を読む

小倉から熊本までジビーフが繋いでくれたビオの旅

駅もタクシーもホテルもくまモンだらけ。キャラクターにまったく興味がないのですが熱に押されて1

記事を読む

ジビーフのネック40日目

良い牛を作るには、生産者がどれだけ「手をかけるか」だと思うのです。おいしい肉に仕上がるのも、

記事を読む

近江プレミアム牛にジビーフに愛農ナチュラルポークなどなど

ジビーフ『やい子』の枝肉を吊るして30日が経過しました。かなり水分が多いので乾燥させながら水

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30