*

生涯現役、肉屋しか知らない父親の勇断

公開日: : 2017/04/02 コラム

うちの父は80歳だが先月まで母と2人で駅前商店街の一角で肉屋をやっていた。数年前からマンションや商業店舗を含む高層ビルを2019年に建てる計画がされていて、今年の2月をもって全店舗が立ち退いたのだ。自らの意志に関係なく閉店するしかなかったので思うところもあったかと・・・。ただ、年齢的なこともあり、これを機に引退してゆっくりしてもいいのかなと思っていた。

しかし、お客様が許してくれなかった。署名運動がはじまり、やめないでほしいと手紙を書いてくる人がいたり、場所を提供してくれる人がいたり、花束を持ってくる人がいたり、いままでおいしいお肉ありがとうとお金を包んでくる人がいたり、涙するお客さんが後を絶たないのだ。愛想もくそもない父親としゃべりだしたらとまらない母親だが、こんなにも愛されていたのかと驚いた。私も商売人のはしくれなので鳥肌が立った。

周囲の方々も、年も年だし引退してもいいのではと言う意見もあったが、15歳で熊本からでてきて肉屋一筋の父親から仕事をとってしまえばボケるかも知れない不安もある。両親2人でいろいろ考えた結果、お客様に後押しされる形で2年間だけ新し場所で肉屋をやることになった。そして2年後は、今年の9月にOPENする私の店で若い子たちに技術を教えたいと言い出した。

僕なんて到底かなわない技術を持っているので、うちにいる若い子たちはさらにチャンスが広がるだろう。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ナチュラルな流れのなかで感じたこと

メツゲライクスダ@楠田さんに作ったいただいた【テリーヌ ド ジビーフ オン ジュレ/ジビーフ

記事を読む

良いことしか言わない人は信用できない

今日は取材でした。まずは名刺交換。 「はじめまして新保です」 「はじめまして◯◯です。新

記事を読む

うに+肉に思う、牛肉の生食について

「雲丹+肉」が流行っているのか、検索するとたくさんヒットする。(面倒なので「う肉」で省略)私

記事を読む

肉を知るには肉屋へ通い肉屋で学ぶ

あちこちから肉の勉強会のお誘いがある。先日なんか交流の薄い知人の知人からお誘いがあって、それ

記事を読む

経産牛を再肥育して価値ある肉へ

牛肉として価値がない とか、 市場で買い叩かれる とか、 。 たくさん子供を産

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31