*

まったく新しい取り組みの結果は2年後ですが間違いなくおもしろい

公開日: : 2015/12/09 牧場・生産者

image

新しい取り組みを始めているのですが結果は2年後。今までは生産者と私、そして料理人という流れでしたが、今度は生産者から生産者、そして私と料理人という流れになります。つまり、まったく異なった飼育をしている生産者が協力しあって牛を造っていく(育てていく)という形になります。

富山県の酪農家のご協力を得てチャレンジしているのですが、この牛舎が素晴らしいのです。通常牛の寝床はおが粉ですが、生産者がアレルギーのため籾殻を使っています。排泄処理も理にかなっていて、牛の後ろに見える溝の下のベルトコンベヤーが走っていて、排泄物をかき出すとコンベヤーが一箇所に運んでくれる仕組みです。労働力の少なさを機械化でカバーしている好例です。

しかし、全国どこの牧場へ伺っても先行きが暗い話しか聞かないですね。ここ数年の高騰は子牛から枝肉に至るまで、いったいいつまで続くのだろうかと、そんな話ばかりです。だれも儲かっていないし得もしていないので、廃業する生産者も増えてあたりまえです。特に繁殖農家さんは高齢者が多く、ケガをしただけでも牛の世話が負担になりそのまま廃業というケースも少なくありません。

飼料も高く、じゃー自給すればいいじゃないかと思われがちですが、そうなると種が高い。実った稲わらを収穫するには機械が必要です。その機械さえベンツと変わらない価格ですからやってられないわけです。跡継ぎも期待できないですし、夢のある畜産を見せれなかって親の責任もありますが、それにしても大変な時代に突入しているのは間違いない事実です。

それでも、価値ある取り組みにおいしさが加わわることで私たちにしかできないおもしろいことをお届けできるのではないかと、そんなふうに思っています。ご期待ください。

 

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

足寄の石田めん羊牧場さんを訪ねて

足寄の石田めん羊牧場さんへお邪魔しました。羊たちは15haの広々とした土地で放牧されていまし

記事を読む

淡海酢粕を食べて育った木下牧場の近江牛

滋賀県の北西、高島市に酒を原料に静地発酵で天然醸造酢を製造販売している 淡海酢有限会社とい

記事を読む

格付けは枝肉を評価する「ものさし」なのです

次回の鹿児島産経産牛のドライエージングビーフは4月23日に仕上がる予定です。連休前なので少し多めに

記事を読む

木下牧場のお肉はお早めのご予約をお願いします

某局の無茶な要求取材からようやく開放された今日は久しぶりにびわカンのロケだった。 さすが地

記事を読む

足寄の石田さんを訪ねて

月曜日から3日間、スタッフ研修を兼ねて北海道へ行ってきました。僕自身は年に4回はジビーフ訪問

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年3月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031