*

まったく新しい取り組みの結果は2年後ですが間違いなくおもしろい

公開日: : 2015/12/09 牧場・生産者

image

新しい取り組みを始めているのですが結果は2年後。今までは生産者と私、そして料理人という流れでしたが、今度は生産者から生産者、そして私と料理人という流れになります。つまり、まったく異なった飼育をしている生産者が協力しあって牛を造っていく(育てていく)という形になります。

富山県の酪農家のご協力を得てチャレンジしているのですが、この牛舎が素晴らしいのです。通常牛の寝床はおが粉ですが、生産者がアレルギーのため籾殻を使っています。排泄処理も理にかなっていて、牛の後ろに見える溝の下のベルトコンベヤーが走っていて、排泄物をかき出すとコンベヤーが一箇所に運んでくれる仕組みです。労働力の少なさを機械化でカバーしている好例です。

しかし、全国どこの牧場へ伺っても先行きが暗い話しか聞かないですね。ここ数年の高騰は子牛から枝肉に至るまで、いったいいつまで続くのだろうかと、そんな話ばかりです。だれも儲かっていないし得もしていないので、廃業する生産者も増えてあたりまえです。特に繁殖農家さんは高齢者が多く、ケガをしただけでも牛の世話が負担になりそのまま廃業というケースも少なくありません。

飼料も高く、じゃー自給すればいいじゃないかと思われがちですが、そうなると種が高い。実った稲わらを収穫するには機械が必要です。その機械さえベンツと変わらない価格ですからやってられないわけです。跡継ぎも期待できないですし、夢のある畜産を見せれなかって親の責任もありますが、それにしても大変な時代に突入しているのは間違いない事実です。

それでも、価値ある取り組みにおいしさが加わわることで私たちにしかできないおもしろいことをお届けできるのではないかと、そんなふうに思っています。ご期待ください。

 

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

L’asse村山シェフのジビーフのネックを使った煮込み料理は驚きの味だった

料理人のみなさんと様似の駒谷牧場を訪ねたのが昨年の6月でした。ジビーフたちが草を育む大自然を

記事を読む

no image

一瞬で判断して購入を決めた橋場牧場の近江牛

今日は近江牛のセリでした。 落札したのは、木下牧場さんと橋場牧場さんの2頭です。 木下さ

記事を読む

藤井さん違い

先週はフランスにいたので枝肉の買い付けができず、知り合いの問屋さんに一頭だけ買い付けてほしい

記事を読む

希少な乳牛3種の食べ比べは京都きたやま南山にて絶賛行列中!

きたやま南山にて現在販売中の『希少』な乳牛三種。タイミングが良ければ三種の食べ比べができるか

記事を読む

牛と料理人

料理人が牧場まで足を運ぶにはいろいろな想いがあってのこと。というのも大切な休みを使って1日を

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30