*

骨から肉を外すという行為

IMG_2151

写真がインスタント風ですがスマートフォンの仕業です(笑)
さて、若かりし頃はあんなに嫌だった骨抜きがいまは苦にならない。いや、かえって楽しいくらいだ。いま思えば若いころは力任せに骨を身からむしり取っていたように思う。牛さんゴメンナサイって感じだが修行先がかなりの繁盛店で毎日のように骨抜き作業があるわけです。やらされてた感たっぷりで本当に嫌だった。そんな気持ちで肉と向かい合っていたわけだから仕事も粗いわけです。ウデのハゴイタ(専門的でわかりにくいですね)のところからウワミスジを外すときに、やはり無理やり包丁を入れて自分の太腿を突き刺すという、何とも情けない失態があったり…

チマキ(すね)とヒレを間違えてミンチにしたり…めちゃくちゃです。でも、このときの経験がいまはすごく役立っているのです。嫌々でも踏ん張ってよかったと思っています。それとデキの悪い私を指導してくれた先輩にも感謝ですね。

IMG_2148

モモの骨付き(写真上)は、フレッシュな状態でウチヒラを外して、数日後にシンタマ、さらにソトヒラを外し、最後にラムイチが骨付きで残った状態です。ここから30日程度吊るしておきます。肉がしっとりしてきたら骨を外してレストランへ送ります。

写真下のサーロインは近江プレミアム牛です。こちらはフレッシュの状態から骨を外してレストランへ送ります。日を追うごとに味が驚くほど変化していくのでそのあたりを楽しんでもらおうというわけです。ただ、肉をよく知っているシェフの元へ預けないと無意味に終わってしまいますので、生意気ですがだれかれと送るわけにはいかず、なおかつお金ではない一面もあります。いかに大事に扱ってくれるか。これに尽きるのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

去勢は吊るし30日で雌は40~50日がベストかな

クレメンティア田淵シェフによる桜の枝による燻製。こういうのをセンスと言うんでしょうね。肉は木

記事を読む

辿り着けるのは一部の人だけ

現在発売中の東京カレンダーに近江プレミアム牛、愛農ナチュラルポーク、ジビーフが紹介さ

記事を読む

木下さんの近江プレミアム牛入荷ですが残りわずか

写真は、藤井牧場さんの近江プレミアム牛(みすじ)ですが、初回出荷のものと比較すると断然おいし

記事を読む

枝肉吊るしでおいしく仕上がる方法

写真は近江プレミアム牛ですが、3月5日に冷蔵庫に吊るして16日目。せめて今月末までは吊るして

記事を読む

近江プレミアム牛のTボーンがあまりにもおいしくて感動した

TPPについてどう思いますか?といった内容の取材を受けた。関税の撤廃により米国などから安価な

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031