*

短角牛の熟成肉が仕上がりました

公開日: : 2014/04/19 熟成肉, イベント

IMG_4986

岩手の短角牛を熟成させました。いままで何度かチャレンジして失敗続きだったのですが今回は成功です。失敗とか成功というのはおかしな話ですが、結局は当店の熟成庫に棲んでいる微生物と短角牛は相性が良くなかったということです。しかし、環境を少し変化させてみたところ、写真のように微生物が肉に移り、熟成肉特有の香りもバッチリ付いたというわけです。

肉質はしっとりねっとりとした触感で、まだ試食はしていませんが強火で一気に焼くとかなりおいしくなるのではないかと予想されます。熟成させることにより、獣臭や血液臭はまったく感じず、脂の香りと柔らかさが増したような感じに仕上がりました。

ロース2本とモモを熟成させましたので、使ってみたいと希望される方はご連絡ください。巷で見かける短角牛とは一味も二味も違うかと思います。

話しは変わりますが、昨夜、京都南禅寺の瓢亭さんへ伺いました。15代若主人の義弘さんに無理をお願いして肉を焼いていただいたのですが、かなり感動しました。私が用意したのは、近江牛ロースの60日熟成肉と完全放牧野生牛の熟成ウチヒラです。

IMG_4950

まずは完全放牧野生牛。なにが驚いたかってグラス臭がまったくしなかったのです。完全放牧野生牛は笹やよもぎなど自然のものだけを口にしているのでけっこう臭いが残るのです。それが利点でもあるのですが、義弘さんは事前に柚子オイルを肉全体にまぶしてから先付が出たあたりから火を入れ始めたそうです。おそらく40分以上かけてじっくり焼いていたんじゃないかな。

IMG_4968

近江牛熟成肉はかなり香のついたものを用意したのですが見事な焼き上げでした。前からチャレンジしたかったというタレもご用意くださり、これって完璧じゃないかなと感動ですよ。

となれば、肉Meetsでしょう!てことで、義弘さんもノリノリで9月10日(水)に瓢亭さんにて開催いたします。募集はFacebookのみ受け付けていますのでご興味のある方はご一報ください。瓢亭さんの京料理に近江牛や完全放牧野生牛が加わります。これってすごくないですか。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江プレミアム牛と完全放牧野生牛が同時に味わえます

1月28日に開催された肉Meets in レストラン愛と胃袋では完全放牧野生牛の内臓を食べ尽

記事を読む

鹿児島県産「経産牛」40日熟成のソトモモ3kg追加販売

私的には「ソトヒラ」と呼んでいるのだが「ソトモモ」のほうがわかりやすいかな。牛の後ろ脚のモモの外側

記事を読む

no image

明日から販売 鹿児島県産の再肥育した経産牛40日間熟成肉

  A4以上の近江牛はドライエージングに向いていない、つまりサシが多い肉はな

記事を読む

熟成肉はフライパンで焦げ目をつけてオーブンでじっくりと

熟成肉の特徴はなんといっても独特の香り。 そこで気になるのがネットからご注文された場合

記事を読む

ドミニク・フーバー氏とイルジョット高橋シェフの共演

ある人が言いました。料理はセンスだと。私は胸につっかえていたものが腹に落ちました。もちろん経

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年7月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031