*

短角牛の熟成肉が仕上がりました

公開日: : 2014/04/19 熟成肉, イベント

IMG_4986

岩手の短角牛を熟成させました。いままで何度かチャレンジして失敗続きだったのですが今回は成功です。失敗とか成功というのはおかしな話ですが、結局は当店の熟成庫に棲んでいる微生物と短角牛は相性が良くなかったということです。しかし、環境を少し変化させてみたところ、写真のように微生物が肉に移り、熟成肉特有の香りもバッチリ付いたというわけです。

肉質はしっとりねっとりとした触感で、まだ試食はしていませんが強火で一気に焼くとかなりおいしくなるのではないかと予想されます。熟成させることにより、獣臭や血液臭はまったく感じず、脂の香りと柔らかさが増したような感じに仕上がりました。

ロース2本とモモを熟成させましたので、使ってみたいと希望される方はご連絡ください。巷で見かける短角牛とは一味も二味も違うかと思います。

話しは変わりますが、昨夜、京都南禅寺の瓢亭さんへ伺いました。15代若主人の義弘さんに無理をお願いして肉を焼いていただいたのですが、かなり感動しました。私が用意したのは、近江牛ロースの60日熟成肉と完全放牧野生牛の熟成ウチヒラです。

IMG_4950

まずは完全放牧野生牛。なにが驚いたかってグラス臭がまったくしなかったのです。完全放牧野生牛は笹やよもぎなど自然のものだけを口にしているのでけっこう臭いが残るのです。それが利点でもあるのですが、義弘さんは事前に柚子オイルを肉全体にまぶしてから先付が出たあたりから火を入れ始めたそうです。おそらく40分以上かけてじっくり焼いていたんじゃないかな。

IMG_4968

近江牛熟成肉はかなり香のついたものを用意したのですが見事な焼き上げでした。前からチャレンジしたかったというタレもご用意くださり、これって完璧じゃないかなと感動ですよ。

となれば、肉Meetsでしょう!てことで、義弘さんもノリノリで9月10日(水)に瓢亭さんにて開催いたします。募集はFacebookのみ受け付けていますのでご興味のある方はご一報ください。瓢亭さんの京料理に近江牛や完全放牧野生牛が加わります。これってすごくないですか。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉田牧場の全作さんと原野さんもい

記事を読む

共創

韓国で流行っている三角地チャドルバギ。 私が食べてもおいしいと感じるが、肉質的に日本では受

記事を読む

ジビーフを食べる会 in Le14e

昼夜2部制で開催されたジビーフを食べる会Le14eですが、昼の部は飲食関係者が多く、さながら

記事を読む

no image

ドライエージングとウェットエージング

コンビニで立ち読みすることは滅多にないのだが 関西ウォーカーに牛肉サミットの記事が掲載されているとい

記事を読む

ポッサムチプにてジビーフと木下牧場の近江牛

11月29日は(イイニク)の日ということで、兵庫の焼肉『ポッサムチプ』さんにて但馬系の純粋近江牛とジ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31