*

愛農ナチュラルポークLボーンステーキもうすぐ販売

IMG_0790

年末年始においしい豚さんを食べたい!ってことで、愛農ナチュラルポークのお問い合わせをたくさんいただいておりますが本年度の入荷はすべて終わりました。年末の店頭販売で少しお出しできる程度しか残っておりませんのでお近くの方はどうぞ店舗までご来店くださいませ。

ところで、愛農ナチュラルポークの骨付きロースをこのブログでも何度かご紹介していまして、そのたびに食べたいというお声をたくさん頂戴しています。ただ、一般販売はどうしてもうまく焼けないのではないかと心配事が多くて販売するのを躊躇していたのです。

IMG_5776

たとえば、イルジョットの高橋シェフ(写真↑)はフライパンで火入れした後に炭火で一気に焼き上げます。もちろん家庭のキッチンでここまではできないまでも、骨付き肉をうまく焼けるのかなと売る側としては心配なわけです。しかし、よーく考えてみると当店のコアなお客様は、スキレット片手に毎夜肉焼きレッスンをしている方が多くいらっしゃるわけです。今朝もFacebookのウォールに流れてきた友人の写真(↓)は、プロも顔負けの肉焼きを披露してくれていました。ですから、私が心配するほどでもないようです。

1495449_10151811220292231_162438054_n

てことで、愛農ナチュラルポークのLボーンステーキを販売することにしました。ただ、この時期に新商品アップはかなり混乱してしまうので年明け落ち着いてからとなりそうです。

Lボーンは、正確にはロースとヒレをつなぐ聞きなれたTボーンステーキではなく、簡単に言うと助骨付きリブロースのことです。L字をしていることからLボーンステーキと呼んでいるのですが、肉質はロースのやわらかい赤身部分と骨の際(キワ)の運動量の多い赤身部分が同時に味わうことができる優れものです。脂は愛農ナチュラルポークの旨味の象徴なのであえてトリミングなしで分厚く付けています。この脂の厚さが焼いたときに肉汁を閉じ込める役割をしてくれるのです。

IMG_0790

豚の枝肉には15本の助骨が付いています。カタロースとロースの境目が助骨の6本目あたりになるので半頭分からご用意できるLボーンステーキはたった8枚程度なのです。好評だったら定番化していきますが、まずは試験的に少量から販売していきたいと思います。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ZURRIOLA(スリオラ)で愛農ナチュラルポークを食べ尽くす会

定期的というか、たまにというか、食事を共にするお仲間がいまして、スリオラの本多シェフともその

記事を読む

愛農高校で豚のお産に立ち会う

たまたま学校を訪ね豚舎を覗いたらお産していた。さすがにカラーは血の色が鮮やかすぎるのでモノクロで雰

記事を読む

Hugo Desnoyerオープン 落ち着いた頃にもう一度行ってみたいと思います

Hugo Desnoyerが恵比須に店を出したというのでオープン日に行ってきました。同時期に

記事を読む

ジビーフと愛農ナチュラルポークで作ったフリウリの郷土料理が抜群においしかった

この日は特別にイタリア北東部のフリウリで働いていた頃の料理を再現してくれた。カウンターだけの店内には

記事を読む

愛農ナチュラルポークのベーコン完成

愛農ナチュラルポークが少しずつですが認知され始めてきました。ありがたいことです。問い合わせも

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年4月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930