*

近江牛専門店が極めたカレー 50%OFF

公開日: : 2013/11/18 近江牛カレー

20131118133611421_0002


上記は11月5日に業界紙の食肉通信に掲載された記事ですが、これまで数多くのメディアに取り上げていただきました。2008年の発売当時、近江牛1頭まるごとバラもロースもスネもモモもヒレも使い、しかも個体識別番号をつけて生産履歴が辿れる仕組みまで構築したものだから同業者からはかなり疑われたものです。そんなことできるはずがないと・・・

レトルトカレーに使用する肉はだいたいが端材を集めたものばかり。乱暴な言い方をすればクズ肉なんです。すき焼きや焼肉用にカットした残りの端材を少しずつ集めていくわけです。

全国のスーパーで販売しているカレーをみると、どうでしょうか、1袋298円が平均的な価格のように思います。なかには68円というのがあったり、いったいどんな牛肉を使っているのかと、こちらのほうを疑いたくなります。

近江牛専門店が極めたカレーに関しては、詳しくはこちらをご覧いただくとして()当然ながら同業者の皆さんが疑問に思われても仕方がないのです。通常で販売すれば100g1,000円とか2,000円で値付けできる牛肉をカレーに入れるわけですから頭がおかしいか、よからぬ工夫をしていると思ってしまうかも。

一度こういうことがありまして、発売記念としてマスコミと近隣の方々にお越しいただき試食会を開催したのです。赤身が強い肉だと思って屠畜したらなんと格付けがA4だったのです。結構なサシが入っていて、これは最高のカレーができるぞ、と出来上がりをわくわくしながら待ったわけです。で、試食会の当日、沸騰したお湯のなかからレトルトカレーを取り出し、封を切ってごはんにかけるも肉が入っていなかったのです。目が点になるとはこのことで、理由は肉が良すぎて(サシが入っていたがために)溶けてなくなってしまったのです。

さて、疑われても仕方がない「近江牛専門店が極めたカレー」の種明かしをしますと、まず、ロースやヒレが入っていることについては1頭まるごと使っているから当然なのですが、このブログで何度も書いている経産牛を使用しています。いまは熟成肉として付加価値がかなりでてきましたが、当時は市場価値がなく、廃牛扱いだったのです。

子供をたくさん産んで、いわば牧場を支えてきたお母さん牛です。生産者からすればなんとか肉にしてやりたい。どのような形でもいいから食べておいしかったと言ってやりたい。そんなことを木下さんや藤井さん、後藤さんから相談を受けたのです。それならばカレーにしようと。レトルトにすれば好きなときに食べられるし、気軽にプレゼントすることもできる。

それと、あまり表立っては話題にもならないし、あえて言うことでもないのですが牛を飼っていたら必ず事故が発生します。牛同士がぶつかっただけでもケガをするのです。輸送中に急ブレーキを踏んだだけでも牛にはダメージが残る場合が多いのです。なかには大きくなれない牛もいます。エサを食べなくなる牛もいます。表現が適切かどうかわかりませんが、これら事故牛もやはり生産者の思いとしては、肉として食卓に上げてやりたいのです。

幸いレトルトカレーを生産するメーカーに恵まれ、味に関してもとことん付き合ってくれました。悩みの種は尽きず、牛の個体差によって作るたびに味が変わってしまうということもありました。これはどうしようもなく、それも1つの特徴として位置づけ、2009年には全国公募型の田舎の逸品おとりよせコンテスト「OH!セレクション」において最優秀商品として大賞を受賞させていただきました。

販売価格は、1箱1,050円とかなり高めです。しかも、スーパーには卸さない。百貨店にも卸さない。自力で販売することを徹底しました。有名な百貨店からお声がかかったときには少し考えてしまいましたが、それでもお断りしました。地元のスーパーからも1日250箱は売れるからと営業を受けましたが、逆にそんなに売れると困ってしまう現状をお話ししてお断りさせていただきました。

それほどこだわって作ったカレーだから、さぞ売れているのかと思いきや、製造ラインの関係上一気に大量生産しなければならない事情があり、賞味期限が迫っているカレーが300箱程度でてしまいました。だからうちに任せとけばいいのにとお断りしたスーパー関係者から言われそうですが、まぁそれはそれとして、県内のアウトレットパークで一気に売ってしまおうという話もあり進めていたのですが、それはなんか違うとこれも踏みとどまり、結局は私たちの取り組みを理解していただける方々に購入していただければとネットで販売することにしました。

年末年始、おせちに飽きたらカレー、、、ちょっとベタですがよろしければおいしいカレーを年末年始に。

【50%OFF】近江牛専門店が極めたカレー5個セット(賞味期限:2014.1.31迄)

賞味期限が気にならなければちょっとしたプレゼントに最適ですよ。

【44%OFF】近江牛専門店が極めたカレー 箱入り5個セット(賞味期限:2014.1.31迄)

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NIIHO × シェフシリーズ第一弾はイルジョット高橋シェフのカレー

イルジョットの高橋シェフと商品開発をすすめているのですが、あ、商品開発というほどのものではな

記事を読む

NIIHO × CHEFシリーズ 高橋シェフのカレーが再販

NIIHO × CHEFシリーズで欠品中だったイルジョット高橋シェフのカレーが入荷しました(

記事を読む

近江牛専門店が極めたカレー、すごい肉が使われていた事実

「近江牛専門店が極めたカレー」の賞味期限が迫っているということで、昨日50%OFFで販売した

記事を読む

近江牛カレーニューバージョンは間もなく販売です

近江牛専門店が極めたカレーの再販を望む声が非常に多いのですが、すいません、レトルト商品は

記事を読む

社長!あと1個お肉入れてくれ~

先日、帽子を購入するために専門店へ行ったのだが すごく似合う(自分比)ハンチング帽があった

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930