*

最高の熟成肉 & 最高のスペインワイン in Espelt 肉の状態は完璧です

公開日: : 2013/05/29 熟成肉

そむりえ亭

2010年に近江牛の骨付ロースを45日間ドライエージングしたものを、そむりえ亭の樋口さんにお願いして料理してもらった。どのように料理されるのか、おそらく焼いてソースを添える感じかなと予想していたのだが、ご覧のようにレモンジャムを合わせたものがでてきたので驚いた。私の中では肉とジャムが合うという概念がなかったので、そのおいしさに感動した。

Exif_JPEG_PICTURE

写真は、ドライエージングではなく、骨付ロースを40日間、通常の冷蔵庫(温度は5度で少し高め)で熟成させたものだ。熟成というより「乾かせた」というほうが言葉的には正しいかも知れない(2009年)

枝肉熟成は、10年以上も前から取り組んでいたのだが、温度、風、湿度をコントロールしながら、さらに時間と菌、この問題をクリアするまでに相当の時間がかかった。乾かせたロース肉(写真)でも相当うまかったのだが、いまのように強烈な熟成香は感じられなかった。ただ、焼いた時に、通常の短期熟成では感じられない味わいを得ることはできた。

 

温度×湿度×風×菌×時間=ドライエージンブビーフ(熟成肉)

温度×湿度×風×菌×時間=ドライエージンブビーフ(熟成肉)


いまでも、個体差によってはうまく熟成が進むものとそうではないものがあり、同じ条件でありながら残念な結果になることも少なくない。うまく熟成が進むと、通常の牛肉で感じることができない風味が得られ、組織が変化することにより、アミノ酸が増し、奥行きのある生クリームにも似た フレーバーな食感、そして甘味を感じることができる。 それが熟成肉の魅了なのだ。

さて、今週末は、ワイナリー和泉屋の新井治彦さんが経営している、ワインバー・エスペルトで「最高の熟成肉 & 最高のスペインワイン in Espelt」が開催されるのだが、この日のために熟成させていた経産牛骨付ロースが6本。すでに50日を超えているのでこのなかから当日に最高の状態で提供できるものを選ばせていただく。

さらに、新井さんの要望もあり、熟成させていないロース肉との食べ比べ、そしてスペインワインとのマリアージュ、いやはやすごいことになりそうです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

明日から販売 鹿児島県産の再肥育した経産牛40日間熟成肉

  A4以上の近江牛はドライエージングに向いていない、つまりサシが多い肉はな

記事を読む

ホルス(30日熟成)Lボーン3㎝カット販売開始しました

熱したフライパンに肉を入れれば焼けてしまうのですから、肉焼きは言ってみれば簡単です。しかし、

記事を読む

熟成肉は色気のある、エロティックな香り

熟成肉が仕上がってから、通常の冷蔵庫で保管してみたが7日がリミットのようだ。 これだと小売

記事を読む

バザス牛最終章、50日が限界と感じたのですが身質は仔牛のようなふわっとした味わいに仕上がったのでした

バザス牛入荷 8月22日の記事(→) バザス牛短期20日熟成試食会 8月28日の記事(→)

記事を読む

クリスマスから年末年始はお肉を食べて元気でキレイになろう

今日はクリスマス。ステーキのご注文が多い日でもあります。昨年と違うところは熟成肉のご注文が圧

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30