*

健康の秘訣は牛肉を食べること

公開日: : 2011/11/03 雑記

_N7K1700.JPG

私の知り合いで、毎日お肉を食べているという方がおられます。

御年、87歳

奥様曰く、夕食に牛肉がないと機嫌が悪くなるとのこと。

もちろん、毎日のことですから分厚いステーキを1枚ペロッと、
というわけではなく、サイコロ状にカットしたステーキ肉を2個ずつだそうです。

主にヒレやランプの赤身肉が中心だが、
ときどきサシが入った肉が恋しくなるのだとか。

聞くところによると、若かりし頃は
すき焼きの付け脂が大好物だったらしく
すき焼きをする度に5個も6個も食べていたそうなのです。

その当時の肉は、いまとは違って
サシが入った肉でも、あっさりとした食感のものが多かったように思います。

さて、これからの時期はイベントも多く
特に来月にはクリスマスを控えていることもあり
牛ヒレの問い合わせが多くなります。

当店では、ヒレ肉の一般販売はしておらず
すべてレストランやステーキハウス向けに
業務用として卸販売しています。

もちろん、一般の方からご注文や問い合わせがあったときは
可能な限りご用意させていただいておりますので、ご入り用の方は
ご連絡ください。

ところで、冒頭の87歳の知人の話で、思いだしたことがあります。

今年の1月に発売だった雑誌「和樂」をひっぱりだすと
こんな記事が載っていました。

99歳、日野原重明先生(聖路加国際病院理事長)も
肉が好き!

というタイトルで、牛のヒレ肉を週に2~3回
食べてるといった内容です。

日野原重明先生は

“100歳になってからがスタートライン”
という本を書きたい。

だから健康であることが大事で、
お肉を食べるのはそのためです。

と言われています。

さらに、日野原先生のすばらしい言葉が続きます。

「脂を控えれば、お肉は太りません。
そもそも、アミノ酸からできているたんぱく質は体内で合成できないから、
体の筋力をつけるためにも、いくつになってもお肉は食べていないとね。
年をとって野菜だけ食べていたら、シワシワの干からびた人になっちゃうの」

当店のお客様にも、ご高齢の方がたくさんおられますが
健康の秘訣は、歩くことと肉をたべることだとおっしゃいます。

太るから牛肉は食べないようにしているという方がいますが
結局は、食べ方なんですよね。

食べ過ぎないようにほどほどにが
どうやら、おいしく食べる秘訣のようです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

謙虚さ、パッション、夢、この3つの〝食材〟が料理人にはなくてはならない

JR南草津駅から徒歩5分、サルティンボッカというイタリアンレストランがある。 木村シェフ(

記事を読む

いのちといのちをつなぐ人

黒表紙で一見同じように見える2冊の本だが 中身はまったく異なる。 共通していることと

記事を読む

北海道せたな町で生まれ育った放牧豚

2012.11.15産まれの7歳、56産したお母さん豚です。産まれも育ちも北海道せたな町。ロ

記事を読む

ワインブームの陰に肉あり

京都の正統派フレンチ、レシャンドールへお邪魔した。前回の訪問は4年前だったが創作ではない真っ

記事を読む

肉でおいしい部分

肉でおいしい部分はどこですか? こういう質問は一番困るがとにかくよく聞かれる。 なに

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031