*

藤田くんとSHIORIちゃんの料理会

公開日: : 2018/11/23 イベント

なぜその肉を使うのか?
ブランドであったり価格であったり使い手の理由は様々。菜園料理家、藤田承紀くんと初めて会ったのは日本味育協会主催のプロフェッショナルコースだった。受講者のなかでも目の輝きが一際目立った。とにかく質問が多いうざい子だった(笑)

以降、、、彼は僕にしつこいほどまとわりついてきた。そして牛肉にどっぷりはまった。驚いたのは恐ろしいスピードで成長していった。彼が牛肉一筋でやっていけば日本をひっくり返すぐらいの逸材になるかも知れない。それぐらい才能を感じた。僕は彼のために手当てした牛肉を送り続けた。生半可な牛肉は彼のためにもよくないのでプロでも嫌がる牛肉ばかり送った。やさしくないジビーフのバラも送った。それでも彼は喜んで感想をメッセージしてくる。本当に変わった子だ。

そんな藤田くんに触発されて、SHIORIちゃんが牛肉に興味をもちはじめた。彼女もまた変わった子だ。捌き(骨抜き)を覚えたいという。じつに楽しそうに肉を触り骨を抜く。彼ら彼女らの世代が牛肉にしっかり向き合い、次の世代へ継承していかなければ小さな農家が作る限られた牛は自然消滅するだろう。そうならないためにも僕にできることは、、、なんてカッコつけたことを思っているのですが。

そして実現した食事会。2ヶ月間、SHIORIちゃんと藤田くんが試行錯誤でメニューを組み立て僕もあえて難しい肉を投げかけた。最近の若者は・・なんてマイナスなことを言う人もいますがそんなことないですよ。どの世代でもイケてない人がいるわけで、年齢関係なく凄い人はたくさんいます。

この日は、だれが参加しているのかまったく知らなかったのですが、行って見ると知り合いばかり。しかもAV男優のけんちゃんとはぁちゅうも来ていてびっくりした。だって10日ほど前に京都で一緒に食事したばかりだったからね。順子先生にたかちゃん、オルヴォーの田中さんまでいて楽しい会でした。もちろん料理もすばらしかったです。

メニューは書家の中塚翠涛さん。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

素敵な2人の門出に涙、田野畑山地酪農の牛肉を食べ尽くし涙

きたやま南山の春菜店長が岩手の田野畑山地酪農、吉塚家へ嫁いでいく。 教会で式あげ、きたやま

記事を読む

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜

記事を読む

うを徳×サカエヤ×ワイナリー和泉屋コラボ会

明治の日本を代表する文豪、泉鏡花の『婦系図』のモデルとなった神楽坂の老舗「うを徳」。『婦系図』の中に

記事を読む

MIIKU 一般社団法人日本味育協会からお知らせ。僕はプロフェッショナルコースで肉の講師を担当しています

皆様 本年も残す所あと僅かとなりましたね。 今年は味育協会では初めて3月19日に『3

記事を読む

仕事とは追求し続けること

9月11日にきたやま南山にて開催の「野生の牛を食す会」はいったいなにがどうなるのか見当もつか

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031