*

ブーダンノワールとフロマージュ・ド・テッドが毎晩夢にでてきそうなくらいおいしかったのです

公開日: : 2016/06/24 店・料理人

グランメゾンの伝統ある技を継承しつつ、進化し続ける銀座レカン高良シェフの料理をかぶりつきで堪能できるという贅沢なライブキッチンに参加させていただきました。

気軽な仲間内での食事会だったはず… が、プロはどんな状況でも真剣そのもの、終わってみれば感動と長い余韻に包まれたすばらしい料理の数々だったのでした。レストランで食べるそれとはまた違ったビストロメニューは、目の前で繰り広げるライブに圧倒され勢いのある料理に参加者一同、ため息の連続でした。

お肉は私が担当だったのですが、以前にシェフからブーダンノワールを作りたいとお聞きしていたこともあり、豚の頭と血をご用意させていただきました。豚の血はほとんど流通していなくて、たまに冷凍のものを扱っている業者がいるらしいのですが、おいしいブーダンには新鮮な血が必要です。フロマージュ・ド・テッドも同様で、鮮度が良くなければどうしても獣臭が気になります。

今回は、この会に合わせて豚の頭と血を用意させていただきましたので、鮮度は申し分なく、なによりもシェフがブーダンが苦手な方でも食べていただけるようにと前置きしただけあって、デザートを食べているかのような感覚でした。

IMG_0418

IMG_0419

ブーダンは結構いろんなところで食べているのですが、これほどのブーダンは初めてかも知れません。ずっと食べていたいほどおいしくて感動的でした。

IMG_0421

IMG_0424

IMG_0427

フロマージュ・ド・テッドも言葉をなくすほどおいしくて、いやでもワインが進んでしまったのでした。

いやぁー、参りました!

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

高良シェフ(銀座レカン)×高橋シェフ(イルジョット)コラボ肉Meets

私が東京へ頻繁に出かけるきっかけとなったレストラン「イルジョット」。5年前だったか、6年前だった

記事を読む

進化し続けるARDOR(アルドール)は感動の連続だった

バカールの仲村さんと沖縄の名だたる、イタリアン・スパニッシュのシェフ、パティシエが自分の店を

記事を読む

ジビーフと愛農ナチュラルポークで作ったフリウリの郷土料理が抜群においしかった

この日は特別にイタリア北東部のフリウリで働いていた頃の料理を再現してくれた。カウンターだけの店内には

記事を読む

目利きとは、肉屋の仕事とは。

ライターさんにこんなことを質問されました。「新保さんは、生産者を限定してお肉を選んで

記事を読む

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031