*

イチボステーキをバルサミコ酢で

公開日: : 2013/01/05 ステーキ

バルサミコ酢

スタッフがパリに行ってきたらしくてお土産をもらった。
なんでも、現地でも入手困難なバルサミコ酢だそうだ。

しかし、私なんかパリに行くとなれば、1年ぐらい前から計画立てて、それでも行けるかどうか微妙なのだが、当店のスタッフは前職が旅行会社ということも関係しているのか、3~4日あれば気軽に海外へ出かけていく。

まぁ、それはいいとして、このバルサミコ酢、かなりイケてるのだ。
少し甘めのソースという感じで、デザート感覚で楽しめる。

IMG_2722

冷蔵庫にあるもので簡単にとなるとこういう使い方になるのだが、数年前に心斎橋のそむりえ亭に持ち込みで料理してもらった熟成肉のことを思い出した。

そむりえ亭

焼肉ぐらいの厚さにカットした熟成肉に、ウイキョウのレモン風味ジャムを包み込んだ一品は、一見、合わないように見えるのだが、これがじつにうまかった。
意表を突かれたというのか、肉にジャムという発想が私にはなかったので口に入れるまでは気持ち悪いんじゃないかなと・・・ごはんに牛乳かけるみたいな感覚をイメージしていました。

しかし、レモンを煮詰めたジャムは甘くなく、爽やかで、それが熟成肉のナッツ香とすごく相性がよくて、肉はたれと塩で食べるものだと思い込んでいた私にとっては衝撃だった。

ソムリエの樋口さんが、赤ではなくキリッとした酸のリースリングを合わせてくれたのだが、これがまた最高においしかったのをいまでも覚えている。

口の中で熟成香とワインの酸味が混ざって、さらにスッキリした味わいを楽しむことができた。

で、そのことを思い出して、もしかしたらとんでもなく合うんじゃないかと、冷蔵庫に保存しておいたイチボを焼いてバルサミコ酢で合わせてみた。

イチボ

いやぁー、参った!これはうまい。

塩や山葵だけではなく、バルサミコ酢も合うとは・・・

しかし、ネットで探してもこのバルサミコ酢は見つからなかった。

なくなったらパリまで買いに行かなくては・・・。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牛肉関係者はA5よりA3あたりの肉を食べている

  マーク・シャッカーというカナダ人が書いた「ステーキ!」という本がある。

記事を読む

霜降りと赤身の中間、イチボステーキ

写真は「イチボとホウレン草の焼きテリーヌ」です。 イチボは、ランプとくっついているので

記事を読む

モーニングステーキ

「やはり、肉好きな男は出世する」 朝日新書から発売されている単行本だが タイトルに釣

記事を読む

サーロインステーキにライムを搾って

熟成肉を販売しはじめてから あきらかに肉を焼く日が増えてきた。 これが、実におもしろ

記事を読む

赤身肉のランプと霜降り肉のサーロイン組み合わせ

12月はイベントが多く、特にクリスマスに向けての 牛肉需要が高まる時期でもある。 当

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31