*

志向と嗜好を兼ね備えた但馬系近江牛「森本繁生号」

公開日: : 2012/05/25 ステーキ

P1020528.JPG

本日から発送のサーロインステーキは「森本繁生」という名前の但馬系近江牛です。

格付けはA-6ですが、ロースだけみればA-7評価で良さそうな出来栄えです。

さて、肉のおいしさは「柔らかい<とろける<おいしい」このように考える人が
多いのではないでしょうか。

もちろん、間違いではありませんが、サシが多ければ多いほど「良い肉」とする考え方は
生産者の志向で消費者の嗜好とズレはじめているように思うのです。

「おいしさ」というものは人それぞれの感じ方が違うように、正解がないわけだが
私が販売前の試食で特に気をつけている項目の1つに、牛肉のテクスチャーがある。

牛肉のテクスチャーとは、歯ざわりと口ざわりである。
歯ざわりは噛んだときに感じられる硬軟、弾力性、もろさである。

口ざわりは、舌や口蓋の上皮細胞が感知する接触感覚である。
ざらざら、ねばねば、滑らかさ、ジューシーさがそれにあたる。

牛肉の望ましいテクスチャーは、適度な柔らかさ、滑らかな口ざわり、豊かな肉汁だと
言われているので「とろける」は基本的には該当しない。

個人的には、とろけるほど柔らかな肉よりも、噛みちぎる感覚の赤身肉が好みなので
本日から販売の但馬系近江牛「森本繁生」は志向と嗜好を兼ね備えたすばらしい牛肉だと言える。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉焼きレッスン

ステーキってどうやって焼いたらいいの? ふつうに焼いたらいいやん その「ふつう」

記事を読む

ステーキの焼き加減はレア、ミディアム、ウェルダンだけではない

プロの料理人が、ステーキ肉の焼き加減を確かめるために、 指を使っている場面をよく見かける。

記事を読む

強火で一気に火を入れる揚げ焼きは外がカリッとして中はふわふわ

枝肉から骨を外して精肉にするタイミングを聞かれることがあるのですが、私の場合は「水分量」を重

記事を読む

塩麹に漬け込んだランプステーキは絶品だった

当店は、業務用の牛肉をメインに卸販売していた時期が長くありました。 しかしながら91年のBSE

記事を読む

信頼関係が育む、サスティナブルな牛肉づくり

  当店の契約牧場でもある木下牧場との取引は、相対と枝肉にしてからのセリの2

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
自然環境とあか牛と未来のために僕たちがいまできること

あか牛は「赤身の肉」だと思っている方がいるみたいですが、おそらく名前に

ゴ・エ・ミヨ 2021版』イノベーション賞

この度、『ゴ・エ・ミヨ 2021版』においてイノベーション賞を

flying愛農ポーク

世界中にファンが多いジムニー。そのジムニーのマスコットといえは、リアの

→もっと見る

  • 2021年3月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031