*

近江牛ステーキ&タイユヴァンのワイン

公開日: : 2011/10/07 ステーキ&タイユヴァンワイン

20111004_1.jpg

10年ほど前、何も知らずにインターネットで酒を販売しようとしたことがある。

ページをアップしたその日に、どなたか存じませんが、
酒類免許が必要ですよとメールを頂いた。

よく考えたら当たり前のことなのだが
抱き合わせ商品だから大丈夫だと思っていた。

慌ててページを削除し、酒類免許の申請をした。

いまは知らないが、当時は抽選で地区ごとに当選者の人数が違って
当店の地区は激戦区だった。

3回落選し、4回目にやっと当選した。
つまり、4年がかりだったわけだ。

ようやく販売できると思いきや、インターネットで販売するには
別の申請が必要ということを知り、邪魔くさい書類をいくつも書いては
何度も税務署へ行った。

おかげで販売できることになったのだが、
酒屋じゃないので、私が気に行ったワイン1種類だけを販売することにした。

ワインのことはあまり詳しくないが、数年前にタイユヴァングループを統括する
シェフ・ソムリエのピエール・ベロ氏とお会いする機会があり、そのご縁もあって
コトー・ドュ・ラングドックのみ販売している。

単品ではなく、ステーキとのセットだ。

とにかく、うちの近江牛によく合う。

ターゲットは、ギフト需要だったのだが、
自分たちの結婚記念日や新築祝いなどに購入される方が多い。

赤身肉、霜降り肉問わず、おいしくいただけるワインです。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フランスの牛肉事情にみる赤身肉の旨い食べ方

  クリスマスということで、近江牛ランプステーキ&タイユヴァン赤ワインセット

記事を読む

秋の夜長にランプステーキと赤ワイン

先日、大阪の街を歩いていると (なんとかいう商店街だったが忘れてしまった) やたらと「和牛一

記事を読む

ピエール・ベロ氏のご縁から繋がり続けているタイユヴァンのワイン

新宿の伊勢丹で開催されていたフランス展にて購入したフォアグラとイチジクのパテ[/caption]

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
肉屋で働くのではなくサカエヤで働くということ

肉の仕事がやりたくて肉屋で働いている人っているのだろうか。料理

テレビをつけながらデスクワークをしていたら、車いすバスケの藤井郁美

30年間おつかれさまでした

30年前、とにかくお金がなかった。スライサーすら買えなくて廃業

→もっと見る

  • 2020年11月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930