*

足寄の石田さんちのラムとマトンを半身づつ食べ尽くす会は衝撃的なおいしさだった

公開日: : 2016/12/04 イベント

cid_158c25166c8d512802713

約1年ぶりに足寄の石田さんから羊が届きました。もともとは羊が苦手な私が度肝を抜かれたというか、まさか羊で感動するとは夢にも思ってませんでした。もしかして苦手な羊が克服できたのか?!と思ったのですが、他所で食べるとやっぱりダメ・・・

おそらく石田さんの羊が私には合っているのでしょうね。さて、今回入荷してきた羊は、ラムとマトン半身づつ。せっかくなので会をやりませんかと獅子金の堀切さん。

ところで、日本における羊肉の自給率をご存じですか?実は1%にも満たないのです。北海道で食べるジンギスカンもほぼ輸入に頼っているのが現状です。仙台で食べる牛タンと同じですね。

私が足寄の石田めん羊牧場を訪ねたのが2014年、ちょうど2年前です。そのときに、「良いのがでたら送って欲しい」とお願いしていたのですが、送られてきたのは1年後でした。うっすらとサシが入ったマトンが送られてきたのですが、驚きました!私が経験したことのない味、そして香り、この世のものとは思えないほどおいしかったのです。

石田めん羊牧場さんが主体として飼育している品種は「サウスダウン種」といってイギリス原産の品種です。数が急激に減りレア・シープ(希少種)に認定されています。体中が毛で覆われ、脚が短く寸胴体型、大変愛くるしい表情をしているのです。

肉用種の中でも「羊肉の王様」と言われるほど、非常に風味豊かで、繊維も柔らかく、その旨味は群を抜いています。美味しい羊ならなぜ数が増えないのか…それは経済動物として見た場合、あまりにも困難だからです。

小柄な体型、繁殖能力の低さ、系統の少なさ、まさに羊飼い泣かせの品種がサウスダウンなのです。

1頭から得られる利益は、他品種と比べるとずっと低いのに、それでもこの品種にこだわるのは「抜群に美味しい」ただそれだけの理由で石田さんは飼いつづけています。

そして、1年ぶりに2頭の羊が入荷してきたのです。1頭はラム、もう1頭はマトンです。(羊は1歳未満をラム、2歳以上をマトンと呼びます)

希少な国産の羊、しかも石田さんから2頭も届くなんてこれはみなさんで食べ比べるしかないということになり、急遽、獅子金さんで食べる会を開催するに至ったわけです。

ラム:2016.2.18生まれ サウスダン純血種 去勢♂
マトン:2006.3.16生まれ サウスダウンF1 

13名の小さな会でしたが、参加者皆さん大満足だったのは言うまでもありません。

cid_158c25153cc3958942812

cid_158c250ae5ae3b2a929d

cid_158c2508c0c5b28827c

cid_158c25072bb613a8227b

cid_158c24f047b7d89132e1

cid_158c24f29bf23e49b282

cid_158c24f7162a65cc22a4

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【御礼】フード・アクション・ニッポンアワード2014にて審査委員特別賞を受賞させていただきました

タイトルのとおりなのですが、おそらく受賞会場(よみうりホール)のだれもが知らないであろう「ジ

記事を読む

肉Meets in じゃがポークを食べる会

当店では、愛農ナチュラルポークの他に九州地方の豚肉も扱っているのですが、すべて私が現地視察を

記事を読む

肉Meets in スルラクセは8月29日に決定

8月の「肉Meets in 高知」ですが、場所が変更になりました。 8月29日(木曜日

記事を読む

熟成肉をロレオール伊藤シェフが焼くとこうなる

「いわての安全安心な食を豊かに味わう会」 と銘打って、10月24日に京都のきたやま南山

記事を読む

9月13日は短角牛「草太郎」を食す会、ドライエージングで仕上げます

短角牛「草太郎」の写真はやまけんさんのブログから拝借した(→クリック) 食ジャーナリストの

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
食材を語り料理を語り酒を語ることもおいしさの一部だと思うのです

愛農ナチュラルポークのロースト(銀座レカン/高良シェフ)と三重

先達から学ぶ仕事への向き合い方と姿勢

弥助の大将が握る寿司を食べたいがために金沢へ行ったことは1度や

たかが餃子、されど餃子。プロの手仕事に驚きと感動の連続で新年幕開け

たかが餃子、されど餃子。ここまで真剣に餃子を食べることになると

→もっと見る

  • 2017年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031