*

神戸bb9で坂井シェフの薪焼きに魅了された3時間は余韻をひきずりまくるほど幸せなひとときでした

IMG_0796

看板がない、と思ったら・・・

IMG_0797

よーく見ないとわからないほど小さかった(笑)

いつだったか、ワイナリー和泉屋の新井さんと神戸の “bb9″へ食事に行ったとき、オーナーでソムリエの西川さんと3社でコラボの会をやりたいねという話になり、営業のお邪魔にならない昼間を貸切って実現したのでした。

“bb9″の坂井シェフはスペインのエチェバリで修行し、その流れで”bb9″と言えば薪焼きというくらい有名で、特にキャビアの薪焼きは初訪問のときにかなり衝撃を受けました。

お肉は西川さんに任せますと言われていましたので、牛2品に豚1品かなとあれこれ考えた結果、対照的な肉を選ばせていただきました。ということで、この日のメニューはこんな感じ。

IMG_1353

『自家製バター(自家製のパンの上に自家製バターを燻したもの)』
ワイン:ロリガン・ブリュット・ナチュレ・マグナム

IMG_1357

『キャビア 薪焼き』
ワイン:『心自閑2013』

IMG_1360

『天草うに じゅんさい 徳谷トマト』
ワイン:テロワール・アル・リミットの “テッラ・ディ・クケス・マグナム”

IMG_1361

『とうもろこしのスープ』

IMG_1364

『五島 ヒラスズキ 薪焼き』

IMG_1370

『愛農ナチュラルポークのLボーン ポルチーニ 薪焼き』
愛農ナチュラルポークの特徴でもある甘みのあるやさしい脂を最大限に感じることができました。とにかく火入れが抜群で、これ以上でもこれ以下でもない、ドンピシャな温もりを舌で感じたのでした。
ワイン:トロッソス・ティント 2007 マグナム

IMG_1375

『田井中牧場さんの近江牛シャトーブリアン 薪焼き』
一品は近江牛をぜったい入れたかったのですが、サーロインかランプのどちらかで迷いました。発送当日のお肉の状態で逆算して決めればいいかなと思っていたのですが、どちらも仕上がりがよくなかったのです。あと10日程度寝かせれば良い感じになるのですが、いまじゃないかなと。で、迷いに迷ってヒレを選びました。ヒレは寝かす必要がなく、かえって水分がある程度残っている状態が薪焼きには合うんじゃないかと判断し、両サイドをエイヤッとカットしてシャトーブリアンにしたのです。これが大正解!さすが田井中さんという感じですが、いやはや参りました。ご参加みなさん大絶賛です。
ワイン:ディッツ・デル・デラ 2010 マグナム

IMG_1377

IMG_1378

『宮崎県 岡崎牧場のパイン牛 ドライエイジング40日Lボーンステーキ 薪焼き』
メインは岡崎さんのパイン牛です。ヒレとは真逆のサーロインでしかも経産牛ですから僕としては勝負ですよ。結果、圧勝かな(笑)坂井シェフのテクニックが際立っていて食感がなめらかなんですね。まぐろの赤身を食べているような感じでした。
ワイン:フェレール・ボベ 2013 マグナム

IMG_1365

ワイン×温度×グラス う~ん、さすが西川さん!

IMG_1382

最後はチーズアイスと自家製アイスクリーム燻製でおしまい。

素晴らしいサービスをしてくださった西川さん、素晴らしいワインを提供してくださった新井さん、そして異なる3種のお肉を絶妙な火入れで料理してくださった坂井シェフ、そしてこの日のために全国から集まってくださったみなさま、大感謝でございました。

IMG_0800

この日のワインたち。

IMG_0803

薪焼きにはこのスタイルで。

IMG_1375

最後にもう一度、田井中さんのシャトーブリアン。実はあまりヒレは好きじゃないんですね。理由はさておき、しかし、この日は別でしたね。田井中さんは近江牛でも常にトップを走り続けているすばらしい生産者の一人です。さすがでした。

神戸bb9、また機会がありましたらやりたいですね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

いわての安全安心な食を豊かに味わう会

岩手の前沢にあるフレンチ「ロレオール」の伊藤シェフは、 全国から被災地に集まる料理人たちを

記事を読む

希少なお肉と素敵な人の輪で繋ぐ肉の祭典は感動的だった

2月1日~28日まできたやま南山さんで開催中の肉菜健美フェアですが、メインイベンの「肉と野菜

記事を読む

600kg超えの枝肉からとれたウチヒラは見た目キレイだが・・・

問屋さんからウチヒラ1個貰いまして(正確には買ったのですが)、なんのためかと言うと勉強のため

記事を読む

格付けは一つの基準でありモノサシでありおいしさはあまり関係ない

部位はランイチであったりウチヒラであったり、シェフと相性の良い肉を選ばせてもらっている。格付

記事を読む

サカエヤ×ディオニー お肉とナチュラルワインのコラボ会

移転して初の試みでしたが、いやぁードキドキでした。お昼と夜の2部制で開催したのですが、夜は私

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31