*

愛農ナチュラルポークin成蔵でまたまた感動した

公開日: : 2015/09/19 イベント

IMG_9302

愛農ナチュラルポークは表面をカリッと揚げるより低温でじわじわと揚げるほうがおいしい。

個人的には衣がカリッとしたトンカツが好みなのですが、こと愛農ナチュラルポークに関してはふわふわの衣をつけてじっくり揚げるやり方がおいしいのです。もちろん好みの問題ですが、年を追うごとに食を共にする友人は同じような味覚を持ち、同じような感覚の方が必然と多くなりますね。食べることしか楽しみがないといえば少し寂しいものを感じますが、探れば探るほど食は奥深く、たとえばトンカツは肉がメインですが、パン粉や油を探ればこれまたおもしろいことが見つかったりするものです。

さて、1年ぶりに開催した成蔵さんでの愛農ナチュラルポークの会。普段は開店前から行列ができるほどの人気店につき、毎回無理をお願いして定休日にお店を開けていただいているのです。さらに今回の参加者は日本を代表する料理人の方々ばかり。夕方には各々の厨房へ戻らなければいけないことから15時というなんとも中途半端な時間からスタートしたのでした。

IMG_9257

素材の力が90%だとすると料理人の技量は10%。数字だけ見ればたかが10%ですが、技術は10を100にも200にもする力があります。この日の成蔵さんは少し緊張していました。しかし、1品目からメーターを振り切るようなミルフィーユカツの登場です。愛農ナチュラルポークのモモを薄くスライスしたものをミルフィーユ状に重ねた極上の一品です。ひと口めは軽くそのままでサクッと。次は肉の隙間にサラダ用のドレッシングを差し込みしゃぶしゃぶ感覚でサクサクっ。この時点ですでに参加者の胃袋は鷲掴みにされていたのですが、料理人魂に火がついた面々の行動たるや(笑)

IMG_9310

この状況でトンカツを揚げるなんて、僕ならぜったい嫌です(笑)

IMG_9289

2品目はバラカツです。

愛農ナチュラルポークの特徴はなんといっても雑味のない脂の甘さです。ならばそれを存分に味わってもらおうではないかとマッキー牧本さんの無茶ぶりでバラカツが実現。バラは薄くスライスすれば問題ないのですが分厚いカツには不向きです。だからだれもやらないのでしょう。さて結果はと言うと、悶絶する旨さでした。愛農ナチュラルポークの脂の甘さ、広がりがすばらしくて肉に旨さは赤身ではなく脂だということを再確認しました。

IMG_9306

3品目はぜったいおいしいヒレカツです。こちらは説明いらないですね。

IMG_9307

 

IMG_9297
IMG_9336

4品目、これがラストなのですが1枚270gもあるロースを見事に揚げきりました。素材の良さを技術でさらに引き上げるという、プロの仕事ぶりを見せつけられたすばらしい一品でした。

いまや街中で気軽に食べられるトンカツですが、職人が揚げるその出で立ちは、芸術そのものでした。

IMG_9300

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

理想の肉牛を求めて~日本農業の未来を語ろう!駒谷信幸氏×西川奈緒子氏×新保吉伸&イルジョット高橋シェフによるスペシャルディナー

告知が遅くなりましたが、2月14日にきたやま南山地下のギューテロワールにて日本農林漁業振興協

記事を読む

A3の近江牛サーロイン VS C1の経産牛サーロイン

池袋のワインバー、エスペルトで『新井 治彦さんとのコラボ「最高の熟成肉 & 最高のスペインワ

記事を読む

7月24日南山にて「よみがえりのレシピ」上映会&「夢いっぱいに食の未来を語る会」

サルティンボッカの木下牧場ランプステーキは火入れが抜群!この厚さにして中はローズ色でしっかり火が通

記事を読む

A2ヒレ肉のココット焼きは悶絶寸前の境地に

A5の肉は作れてもA2は難しいなぁ... 畜産の世界では、昔から雌で未経産の牛がおいし

記事を読む

2015年の肉Meetsはジビエでスタート

今年最後の肉Meetsはイルジョット高橋シェフとクレメンティア田淵シェフのコラボで最高に楽し

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
十勝若牛が安定しておいしい結果が出せるようになってきました

【コスモスさんの十勝若牛】 2017/02/08生れ → 2

料理人と食材の相性

って重要だと思うのです。良い食材だからおいしい料理ができるでは

ユッケ、タルタル、生食について

ここ最近、何軒かのレストランで食事したときにメニューに堂々とタ

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031