*

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

公開日: : 2015/08/21 イベント

11905750_1060015767344658_4609304457950477465_n

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステージは山梨だそうですが、その前に集大成ともいえる肉Meetsを開催させていただきました。4年の営業でしたが私が関わらせていただいたのは直近の2年間でした。知人のご縁で土田さんが販売する野菜とのコラボがきっかけでした。

シェフの料理は食材の産地へ出向いてイメージすることからはじまります。最初の食材訪問は愛農高校と木下牧場でした。雨の中、近鉄の青山駅まで迎えに行ったのを昨日のように思いだします。そしてジビーフを訪ねて北海道の様似にも行きました。

IMG_8826

そういった想い出の数々があちこちに。さながら写真展のようです。

11896128_1060014884011413_8486764480427619905_n

11049596_1060014270678141_8056975187466038090_n

この日のために私がご用意させていただいた肉は、木下さんの近江牛と近江プレミアム牛(濃厚飼料を与えず国産飼料だけで育てた牛)のヒレ、同じく木下さんのウデ、愛農ナチュラルポークと大樹じゃがポーク、さらにシェフの生まれ故郷でもある長野の牛を手配したかったのですが、うまくいかず、お隣の新潟の牛からリブロース(40日間ドライエイジング)… まさに2年間の集大成のようなラインナップです。

IMG_8866

近江牛の湯引きとトマトエキスジュレ

IMG_8870

近江牛のタタキ、夏野菜添え

IMG_8900
愛農ナチュラルポークのローストポークと大樹じゃがポークのソーセージ&パテ

11880608_1060014620678106_7385496656667046507_n
近江プレミアム牛ヒレ肉と近江牛ヒレ肉の食べ比べ
・自家製ベーコン入りのキタアカリのマッシュポテトを添えて

・コンソメスープといっしょに

11885322_869399826447626_2358623929499137792_n
近江牛ウデ肉のステーキ

11214366_1060014667344768_6241833762069878744_n
新潟県産熟成肉リブロースステーキ

・・・ざっとこんな感じの構成でした。

味はもちろんですが、お集まりいただいたみなさまの笑顔が溢れる素敵な会となりました。

11889590_1060014057344829_821525781003135915_n

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Dal Pescatore(ダル ペスカトーレ)の料理を再現

目黒のLasse(ラッセ)村山シェフが修行した地、イタリア・マントヴァはヨーロッパ有数の良君

記事を読む

愛農ナチュラルポークin成蔵でまたまた感動した

愛農ナチュラルポークは表面をカリッと揚げるより低温でじわじわと揚げるほうがおいしい。

記事を読む

2015年の肉Meetsはジビエでスタート

今年最後の肉Meetsはイルジョット高橋シェフとクレメンティア田淵シェフのコラボで最高に楽し

記事を読む

近江プレミアム牛と完全放牧野生牛が同時に味わえます

1月28日に開催された肉Meets in レストラン愛と胃袋では完全放牧野生牛の内臓を食べ尽

記事を読む

木下牧場フェアの反響はすごかった!

当店の陳列(ショーケース)は忙しい。 今日は朝から寒いなぁ、と感じた日はすき焼き用の肉

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉

Or en Boucheゆっくりオープンしました

近所にこんな店があったらいいのになぁー。 たまに出会う10坪

日本産和牛プロモーションin台湾

昨年9月に解禁となった台湾への日本産和牛の輸出だが16年ぶりら

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930