*

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

公開日: : 2015/08/21 イベント

11905750_1060015767344658_4609304457950477465_n

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステージは山梨だそうですが、その前に集大成ともいえる肉Meetsを開催させていただきました。4年の営業でしたが私が関わらせていただいたのは直近の2年間でした。知人のご縁で土田さんが販売する野菜とのコラボがきっかけでした。

シェフの料理は食材の産地へ出向いてイメージすることからはじまります。最初の食材訪問は愛農高校と木下牧場でした。雨の中、近鉄の青山駅まで迎えに行ったのを昨日のように思いだします。そしてジビーフを訪ねて北海道の様似にも行きました。

IMG_8826

そういった想い出の数々があちこちに。さながら写真展のようです。

11896128_1060014884011413_8486764480427619905_n

11049596_1060014270678141_8056975187466038090_n

この日のために私がご用意させていただいた肉は、木下さんの近江牛と近江プレミアム牛(濃厚飼料を与えず国産飼料だけで育てた牛)のヒレ、同じく木下さんのウデ、愛農ナチュラルポークと大樹じゃがポーク、さらにシェフの生まれ故郷でもある長野の牛を手配したかったのですが、うまくいかず、お隣の新潟の牛からリブロース(40日間ドライエイジング)… まさに2年間の集大成のようなラインナップです。

IMG_8866

近江牛の湯引きとトマトエキスジュレ

IMG_8870

近江牛のタタキ、夏野菜添え

IMG_8900
愛農ナチュラルポークのローストポークと大樹じゃがポークのソーセージ&パテ

11880608_1060014620678106_7385496656667046507_n
近江プレミアム牛ヒレ肉と近江牛ヒレ肉の食べ比べ
・自家製ベーコン入りのキタアカリのマッシュポテトを添えて

・コンソメスープといっしょに

11885322_869399826447626_2358623929499137792_n
近江牛ウデ肉のステーキ

11214366_1060014667344768_6241833762069878744_n
新潟県産熟成肉リブロースステーキ

・・・ざっとこんな感じの構成でした。

味はもちろんですが、お集まりいただいたみなさまの笑顔が溢れる素敵な会となりました。

11889590_1060014057344829_821525781003135915_n

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワインメーカーズ・ディナー でドミニク・フーバーと

私は普段から喜怒哀楽を表情に出さないので、たまにガッツポーズをするとこのように猫ニヤンニャン

記事を読む

熟成肉のTボーンステーキが食べられますぞ

昨日は、駒沢のイルジョットですばらしいイベントが開催されました。 新保吉伸(サカエヤ)

記事を読む

近江牛A1~A5食べ比べ会、参加者の反応はいかに!

「近江牛A1~A5食べ比べ ~糖尿人でもお肉を食べていいのです!」というなんとも魅力的なイベ

記事を読む

足寄の石田さんちのラムとマトンを半身づつ食べ尽くす会は衝撃的なおいしさだった

約1年ぶりに足寄の石田さんから羊が届きました。もともとは羊が苦手な私が度肝を抜かれたというか

記事を読む

トークライブ3人会「発酵と熟成の世界~地域内循環と場づくり~」ミートカレッジ ギューテロワールにて

昨年、タルマーリーの渡邉さんと林源十郎商店の辻さん、私の3人が岡山に集まり夜な夜な飲み明かす

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
今年も開催ジビーフツアー

9月18日にセジールにて、サルメリア69の新町さんとコラボ会が

十勝若牛が安定しておいしい結果が出せるようになってきました

【コスモスさんの十勝若牛】 2017/02/08生れ → 2

料理人と食材の相性

って重要だと思うのです。良い食材だからおいしい料理ができるでは

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031