*

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

公開日: : 2015/08/21 イベント

11905750_1060015767344658_4609304457950477465_n

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステージは山梨だそうですが、その前に集大成ともいえる肉Meetsを開催させていただきました。4年の営業でしたが私が関わらせていただいたのは直近の2年間でした。知人のご縁で土田さんが販売する野菜とのコラボがきっかけでした。

シェフの料理は食材の産地へ出向いてイメージすることからはじまります。最初の食材訪問は愛農高校と木下牧場でした。雨の中、近鉄の青山駅まで迎えに行ったのを昨日のように思いだします。そしてジビーフを訪ねて北海道の様似にも行きました。

IMG_8826

そういった想い出の数々があちこちに。さながら写真展のようです。

11896128_1060014884011413_8486764480427619905_n

11049596_1060014270678141_8056975187466038090_n

この日のために私がご用意させていただいた肉は、木下さんの近江牛と近江プレミアム牛(濃厚飼料を与えず国産飼料だけで育てた牛)のヒレ、同じく木下さんのウデ、愛農ナチュラルポークと大樹じゃがポーク、さらにシェフの生まれ故郷でもある長野の牛を手配したかったのですが、うまくいかず、お隣の新潟の牛からリブロース(40日間ドライエイジング)… まさに2年間の集大成のようなラインナップです。

IMG_8866

近江牛の湯引きとトマトエキスジュレ

IMG_8870

近江牛のタタキ、夏野菜添え

IMG_8900
愛農ナチュラルポークのローストポークと大樹じゃがポークのソーセージ&パテ

11880608_1060014620678106_7385496656667046507_n
近江プレミアム牛ヒレ肉と近江牛ヒレ肉の食べ比べ
・自家製ベーコン入りのキタアカリのマッシュポテトを添えて

・コンソメスープといっしょに

11885322_869399826447626_2358623929499137792_n
近江牛ウデ肉のステーキ

11214366_1060014667344768_6241833762069878744_n
新潟県産熟成肉リブロースステーキ

・・・ざっとこんな感じの構成でした。

味はもちろんですが、お集まりいただいたみなさまの笑顔が溢れる素敵な会となりました。

11889590_1060014057344829_821525781003135915_n

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets in 山下ワイン食堂は前菜から度肝を抜かれた

1社の食品偽装が明るみになると次から次へと各社の偽装が露呈するという雪だるま式は10年前から変わらな

記事を読む

9月13日は短角牛「草太郎」を食す会、ドライエージングで仕上げます

短角牛「草太郎」の写真はやまけんさんのブログから拝借した(→クリック) 食ジャーナリストの

記事を読む

牧場見学会&セミナー&近江牛を食べる会

「しがネットビジネス研究会」なるものがあり、4月は私が講師をさせていただくことになりました。

記事を読む

仕事とは追求し続けること

9月11日にきたやま南山にて開催の「野生の牛を食す会」はいったいなにがどうなるのか見当もつか

記事を読む

ジビーフを食べる会 in Le14e

昼夜2部制で開催されたジビーフを食べる会Le14eですが、昼の部は飲食関係者が多く、さながら

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
食材を語り料理を語り酒を語ることもおいしさの一部だと思うのです

愛農ナチュラルポークのロースト(銀座レカン/高良シェフ)と三重

先達から学ぶ仕事への向き合い方と姿勢

弥助の大将が握る寿司を食べたいがために金沢へ行ったことは1度や

たかが餃子、されど餃子。プロの手仕事に驚きと感動の連続で新年幕開け

たかが餃子、されど餃子。ここまで真剣に餃子を食べることになると

→もっと見る

  • 2017年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031