*

肉Meets in Le14e(ル キャトーズィエム)

公開日: : 2015/03/27 イベント

IMG_3429

Le14e(ル キャトーズィエム)は5坪13席(だったかな)の小さなお店です。ゆえにメニュー数も限られています。しかしながら茂野シェフの懐は深く、じつは肉の加工品が得意だったりするわけです。パリで7年間、そして六本木の祥瑞で3年だったか4年だったか・・・その間に培ったのは肉を焼く技術だけではなく、肉の特性を活かした料理を作ることだったのです。そんな話をしていたのが1ヵ月前のこと。じゃー、普段の営業で出していない料理をやりましょうよ。ということで実現した茂野シェフ渾身の隠れメニューの会だったのです。結構な頻度で打ち合わせもやりましたので茂野シェフの本気度で逆に私が変な緊張をして当日はかなりドキドキしました。

まず1品目ですが、2月18日に出荷した27か月齢の雌のロースからリブのかぶりです。茂野シェフには骨付きで納品済みです。サーロインは使いやすいのですが問題はリブロースのかぶりです。すき焼きやしゃぶしゃぶにするなら付けたままでいいのですが、ステーキとなると外さなければ使いずらいのです。イブマリは包丁で叩いてバーガーにすると言っていたのですが、茂野シェフは塩漬けにして燻製にしていました。参加者全員度肝を抜かれてのスタートです。

IMG_3430

2品目は豚の頭のにこごりです。はい、絶品でした。

IMG_3439

3品目は、近江牛タンのグリルです。このあとクラシタ(カタロース)のステーキ、そしておまちかねのブーダンノワールです。

IMG_3448

色や形は歪ですがこれが最高においしくてちょっと他ではお目にかかれない代物です。とにかくうまいとしか言いようがありませんが毎日でも食べたいです。

IMG_3449

そして驚いたのがこちらのクラシタのネックを使ったブッフオーキャロットです。京にんじんと赤ワインの煮込みですが参りました。

IMG_3456

IMG_3476

この後は、カイノミに近江プレミアム牛の骨付きリブと、もう許してくださいと全員がひれ伏すほど肉まみれになったのです。近江プレミアム牛の骨付きリブなんて初めて食べたのですが、いやぁー感動しました。

IMG_3462

IMG_3466

近江プレミアム牛の特徴は脂の旨味なのですが、福井の銘酒“梵”の酒粕を1日7kg与えています。その影響だと思うのですが酸を強く感じる肉質に仕上がるのです。酸が強い肉は余韻も長く続くので、茂野シェフが求めている肉にかなり近いのです。赤身のあっさりとした肉も万人受けする時代ではありますが、やっぱり和牛の脂はおいしいのです。ただ、脂の質をどのように仕上げていくかがこれからの課題なのです。脂を硬くするのも柔らかくするのもエサで調整できます。だからこそ良質のエサを食べさせて肉質を高めていかなければおいしくなってくれないのです。

IMG_3030

今回の肉Meetsは、茂野シェフがやりたいことを思う存分にやっていただいたのですが、会費を超えた原価無視のすごい会でした。骨を外したり肉を塩漬けにしたり、乾かしたりと手間ひまかければ原価なんてわからないですよ。それでも料理人はやってしまうんです。お客さんに喜んでほしいがために。店を継続していくためには利益を出し続けなければいけません。

しかし、たまにはそういったことを考えずに思う存分好きな料理を出して、自身も楽しむことも必要なんじゃないかな。茂野シェフの笑顔に触れるとついそんなことを思ってしまうのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ミートカレッジ「ギューテロワール」お披露目会

Leica M monochrom apo-summicron 50mm F2 asph b

記事を読む

吉田牧場でジビーフミーツな1日に全国から巨匠たちが集まったのでした

「これとこれは獲れた場所が違いますね」と草喰なかひがしの店主、中東さんさんが2匹の鮎を指す。

記事を読む

料理は数字じゃなく作り手の心意気だと思うのですが。

サルティンボッカの木村シェフに、「最近肉の回転が速すぎじゃないですか?」とお聞きしたところ、

記事を読む

肉Meets in 山下ワイン食堂は前菜から度肝を抜かれた

1社の食品偽装が明るみになると次から次へと各社の偽装が露呈するという雪だるま式は10年前から変わらな

記事を読む

10/15の肉Meetsはお泊りです

飼料(エサ)の影響って大きいですね。「私たちが食べている動物がなにを食べているかで私たちの健

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31