*

パリのBoucherie、まずはHugo Desnoyerへ

公開日: : 2014/11/22 フランスの旅

IMG_0254

パリ2日目の午後は16区にあるBoucherie(肉屋)Hugo Desnoyerへ行くことに。フランスの肉屋といえばHugo Desnoyerというほど有名なのだが、私がユーゴ・デノワイエの名前を初めて聞いたのは、Le14eの茂野さんからだった。後で気づいたのだが古い料理雑誌をめくるとユーゴ・デノワイエは結構紹介されていた。当時はそういったことに気がなかったからなぁ。

茂野さんが「ル・セヴェロ」で修行していたとき、仕入れ先が同じということもありランチが休みの日にHugo Desnoyerへ手伝いにいってたそうで7年間これをやり続けるってすごいことです。茂野さんの奥さんがいつだっちったか「彼は肉を触っていないと落ち着かないみたいで・・・」と言っていたのを思い出した。このような環境下で仕事をしていたらそうなるかも。病気ですね(笑)

ユーゴ・デノワイエは生産者や料理人との繋がりを大切にしている肉屋で、生きた牛から枝肉、そして熟成から精肉までを見極めるプロフェッショナルだと聞かされていたので、どうしても会ってみたい1人だった。

とはいっても忙しい人らしいので急に行っても留守の可能性が大きい。そんなこともあってアテンドをかってでてくれたMさんにアポイントをお願いしておいたのだ。ややこしいことを言うようだったら茂野さんの名前を出してくれと言って(笑)… もちろん茂野さんには了解済みです。

IMG_0257

パリの肉売り場は日本とは違ってショーケースがこんな感じなのです。日本だと3段か4段のショーケースが昔も今も変わらぬスタイルですが、パリではフラットが主流でなんとも華やかです。流行っている店でないと辛い陳列ですが… 

それと目に付くのがシャルキュトリーです。パリの肉屋はどこもそうなのだが肉とシャルキュトリーがセットになっています。日本では海外で修行したシェフがシャルキュトリーを作ってレストランで提供している程度だが本場はスーパーの肉売り場でも迷うくらい陳列されているからうらやましい限りです。

IMG_0287

とにかく陳列が賑やかで美しい。あれもこれも買いたくなるし買い物していても楽しいだろう。人口が多い地域プラス富裕層がある程度見込めないと日本では難しいやり方のように感じました。

IMG_0289

日本人がいたので声をかけると偶然にも茂野さんのセヴェロ時代の後輩だった。祥瑞のノブさんはじめ共通の知人がけっこういたりして話が盛り上がってしまった。

IMG_0314

飲食スペースを併設しているので、私たちもランチをとることに(もちろん予約しています)。ここでも日本人のご夫妻と隣合わせになったのだが、葉山の方ということで山口さんのクック&ダインをご存じだということで急に親近感を感じてしまった。

IMG_0272

IMG_0273

IMG_0279

食事をしている頃にユーゴが帰ってきたので構わず食事を続けているとテーブルまで挨拶にやってきた。我々のところだけではなく食事をしているお客さん全員に挨拶していたからこのあたりはさすがです。

IMG_0314

ユーゴに茂野さんの話をすると、シゲジュブジュブブシュブシュ(私にはこんなふうにしか聞こえない)と笑顔で応えてくれた。少し親しげになったところで、冷蔵庫を見せてほしいと頼んだところ一瞬嫌な顔をしたが(ここは見逃さない)しばらくすると手招きして冷蔵庫へ案内してくれたのだった。

IMG_0297

IMG_0290

それほど大きくない冷蔵庫には、牛、豚、羊が所狭しと吊るされていた。ユーゴが手に持っているのはアニョードレで白ければ白いほど良いと言っていた。とにかく話し出したら止まらない。肉を語る語る…

IMG_0311

IMG_0301

私が一番見たかったのはユーゴの熟成肉だ。湿度を管理している様子もなく枝肉のまま吊るしているだけのように見えたが、ユーゴ以外は冷蔵庫に出入りすることが少ないようだ。熟成肉には冷蔵庫の開閉が大きく仕上がりに左右することは私も経験済みなのですごくよく分かる。熟成に向く牛、向かない牛を熱心に説明してくれたユーゴはおもむろにナイフを取り出して肉を削り始めた。

IMG_0303

「どうだ、いい肉色だろ。触ってみろよ」

たぶんこんな感じのことを言ったのだと思うのだが、肉を手にとって臭いで見た。
切りたてなので発色はしていないもののおいしそうな赤身だ。香りはそれほど感じなかった。おそらくだが香りを目的とした熟成ではなく、肉のポテンシャルを高める熟成であって、分かりやすく言えば牛の個性を最大限に引き上げるための方法だと思うのです。

IMG_0308

写真がモノクロなのは、私がワインを飲みすぎて肉より赤い顔だから加工したのでした。

IMG_0327

ユーゴは肉を売っておしまいではない、私は生産者に会いに行き牛をみて、最高の状態で顧客にていきょうできることを心がけている。… このように熱く語ってくれた。

私も同じで、皿の中まで責任が持てない肉は販売すべきじゃないし、それが私の仕事だと強く思っている。

ということで、ユーゴと握手を交わして今度はシャルキュトリー専門店へ向かうことに。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ビオディナミなワインたち

電車の待ち時間など、思い立ったらスマホで書いてるようなブログなので、日にちは前後していますが

記事を読む

最高においしいクレープとアンドゥイユは衝撃の味だった

パリからTGVでブルターニュに向かう途中、Mさんがどうしても食べさせたいクレープがあるという

記事を読む

パリに到着、まずは16区のイブマリの店へ

6/26からお休みをいただきフランスを旅しています。私がいないと肉を手当てできないので店は長

記事を読む

牧場BBQで最高のおもてなしを受けたのでした

牧場見学の後は、ウォーミングアップ的なワインとサラミをいただき、場所を移動して超豪華なBBQ

記事を読む

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言って

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31