*

完全放牧野生牛の一般販売を開始しました

公開日: : 2014/04/20 未分類

IMG_4291

完全放牧野生牛の一般販売を開始しました(

完全放牧野生牛については、ぜひこちらをご一読ください(

北海道の様似新富地区は人口が2人で携帯電話はつながりません。
以前も書きましたが行ってきましたよ、まだ雪が残っていた3月に。
そして6月には、イルジョットの高橋シェフや愛と胃袋の信作シェフ
さらに、クレメンティアの田淵シェフと内田シェフ、そしてサルティンボッカの木村シェフ
プラス現地の生産者のみなさんと完全放牧野生牛ツアーが決定しました。

なにが凄いってシェフのみなさん、お店を休んで行くんですよ。自分の目で見て触れて体感して、そして料理に活かすわけですからもうほんとに頭が下がります。

完全放牧野生牛は、穀物飼料は一切与えず、自生の笹やヨモギを食べているので肉は真っ赤でやや硬めです。グラス臭(草の香り)が少しします。

グラス臭は好き嫌いがあると思いますが、旨味を増すために(引き出すために)40日間、ドライエージングで熟成させているので、赤身が好きな方にはかなりのストライクだと思います。

イルジョットでお披露目会を行ったとき、あろうことか完全放牧野生牛と鹿肉を見間違うという失態を犯してしましまして(笑)…..
それほどまでに見た目が鹿肉と似ているのです。で、ページ作りをしながらこんな言葉が浮かんだのです。

Gibieef(gibier + beef)ジビーフ

Gibieefとは私が考えた造語です。
完全放牧野生牛の肉質が鹿肉に似ていることからGibieef(ジビーフ)と名付けました。
「ジビエ」とは、ハンターが狩りをして捕獲した野生の鳥獣を言うのですが、完全に野生のものをソバージュ(sanvage)と呼び、半野生(飼育したものをしばらく山野に放したり、捕獲した後に餌付けしたもの)はドゥミ・ソバージュ(demisanvage)と呼んで区別しています。完全放牧野生牛はソバージュとドゥミ・ソバージュの中間ぐらいのイメージです。
2014年3月25日に開催した「肉Meets in 完全放牧野生牛」において、生産者の西川奈緒子さんのお父さん(現役のハンター)が仕留めた蝦夷鹿をサプライズとしてイルジョットの高橋シェフに料理していただいたのですが、どちらがどちらなのか見分けがつかないほど、その肉質は似ていたのです。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ホルスタインTボーン特注カット

2001年のBSE以来、ステーキハウスが街から消えてしまって寂しい思いをしていたのですが、こ

記事を読む

今年も一年ありがとうございました

  例年通り31日まで仕事をさせていただき無事終わることができました。今年ほ

記事を読む

熊本から馬肉が届きました。初めて知りましたが軽種馬というらしいです

あるシェフから馬肉が手に入らないかと言われて、それなら熊本でしょう、ということで知人にお願い

記事を読む

見た目や味ではなく背景で選んでもらえる牛肉

  子牛が誕生する瞬間をライブカメラから見守った。 木下さんがフェースブッ

記事を読む

門外不出の平かしわ、果たしてお味の方は・・・

FBに投稿したら興味を持たれた方がたくさんおられましたのでこちらにも。 写真はサヴール・ド

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
進化し続けるARDOR(アルドール)は感動の連続だった

バカールの仲村さんと沖縄の名だたる、イタリアン・スパニッシュの

琉球大学×八重山農林高校のプロジェクト、石垣で育ったあか牛その後

石垣で育ったあか牛ですが、僕がおいしくしてやれるのは、このあた

イルジョット×鎮守の森×サカエヤ

四谷にある『鎮守の森』は初めて訪れる方はおそらく迷うであろうと

→もっと見る

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930