*

肉Meets in 新潟は燕市吉田のBISTRO NAOMIさんで感動の料理に大満足

公開日: : 2014/02/28 イベント

 

IMG_3586

若き料理人、塚原シェフが初めて挑んだドライエージングビーフ40日熟成肉。その肉を初めて目の前にしたとき、シェフはついつい焼いてみたい衝動にかられてイベント用の肉を一気に焼いてしまった。イベント当日の肉が足りなくなり再度送ることになったのだが、こういうシェフ大好きです。

IMG_3424

初の「肉Meets in 新潟」は市内から少し離れた吉田駅の前に店舗を構えるBISTRO NAOMIさんで開催させていただきました。

塚原直己シェフと何度か打ち合わせをし、食材は近江牛熟成肉のサーロインと愛農ナチュラルポークのチャップ&バラに決定。チャップはロースソテーに、バラはシャルキュトリーにするとのこと。さらにせっかく滋賀から来るのでと新潟の海の幸もメニューに加えていただけるという配慮。うれしすぎます。

IMG_3539

今回は会場の手配から集客まですべて友人の越後収納美人@小林理恵子さんにお任せして私は肉を選ぶだけという非常に楽な役回りをさせていただきました。ということで当日まで参加人数も知らない状態、おそらく知人もいだろうということで、例によってFINEPETS@皆川氏が参加。

IMG_3477

ワンちゃんネコちゃんを飼っている方が半数以上いたので、皆川氏にペットフードの安全性について語っていただいた。私が牛のエサにこだわるのは、動物が食べているもので私たちの体が作られているという30年前のアメリカのスローガンに感銘を受けたものであり、皆川氏もこのことに共感し、ペットフードの原材料にこだわっているのだ。

ペットは伴侶動物として家族の一員であり、安価なフードで寿命を縮めるのではなく質のよいものを選んでやっていただきたい・・・・というようなお話に参加者も大きく頷いていた。

さて、料理のほうだが、まずは愛農ナチュラルポークを使ったシャルキュトリーからスタート。ワインは一皿ごとにシェフに合わせていただき、こちらのセンスも抜群でした。

IMG_3472

IMG_3498

IMG_3490

魚沼産八海山サーモンマリネとカラフル大根を散らして

IMG_3496

佐渡産牡蛎のグラタン

IMG_3501

愛農ナチュラルポークのロースソテーとフォアグラのソテーのロッシーニ風

豚肉消費が多い新潟のみなさんが大満足した愛農ナチュラルポークはさすがの味でした。みなさん驚かれていたのは脂の口どけであり甘さ、そしてフォアグラとの相性の良さです。このあたりからワインが加速し始めます。

IMG_3527

津南産人参の温かいポタージュ

IMG_3530

愛農ナチュラルポークのベーコンで包んだオマール海老
香味野菜の粒マスタードソース

IMG_3583

近江牛熟成肉のサーロインステーキ
熟成バルサミコソース

IMG_3604

IMG_3610

肉Meetsは、「つなぐ」ということをテーマに開催しています。作り手と料理人、そして消費者をつなぎ、ホンモノを手渡しすることが目的の1つでもあります。この日は、パンを焼いてくれた人、コーヒーを販売している人など、メニュー食材に関わる方々も参加して大いに盛り上がりました。作り手がいて、食べる人がいて、そして笑顔があり、時代は「どこで買うか」より「だれから買うのか」、これからの時代に必要な信頼できる人からモノを買うということの重要性を改めて感じさせられた貴重なイベントになりました。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ドミニク・フーバー氏とイルジョット高橋シェフの共演

ある人が言いました。料理はセンスだと。私は胸につっかえていたものが腹に落ちました。もちろん経

記事を読む

バザス牛をDABと吊るしで仕上げてカルネヤの高山シェフが焼くと言う贅沢な試食会

少し前になるが、フランスのバザス牛を輸入しているN女史から依頼を受けて私がドライエイジングと吊るしで

記事を読む

日仏ブッチャーシェフウデ試し交流会はシャレのようなネーミングとは裏腹に今後の畜産業界を担う若者を熱くするプログラムでした

パリの肉職人「イブ=マリ・ル=ブルドネック」と私の関係は、「同業者」ではなく「共感者」といっ

記事を読む

プレミア近江牛は予想を覆すA-4という結果だった

究極の食育は、「自分で育てた牛の肉を食べる」ことだと思う。 生産者はどんな気持ちで牛を出荷

記事を読む

日仏若手ブッチャーシェフのウデ試し交流会

2月12日(金)きたやま南山にて私たちとパリの肉屋@イブ=マリ・ル=

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
吉田牧場さんのブラウンスイス2頭が入荷してきました

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全作さん

一日4名しかとらない孤高のシェフが作りだすすばらしい料理

先週はジビーフ絡みで諸々と北海道へ。夜はジビーフを使っていただ

ジビーフまもなく入荷しました

牛は囲った時点で自然から離れていく。なのに愛情とか感謝とかスト

→もっと見る

  • 2017年3月
    « 2月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031