*

愛農ナチュラルポークのベーコン販売開始

IMG_9244

愛農ナチュラルポークでパテを作ってみたのですが脂が固まらなくて・・・
そういいながらも自信満々の笑顔でそっと差し出してくれた先斗町「佐曽羅 EAST」(さそら イースト)の野中料理長。

そうなんです、愛農ナチュラルポークの脂は融点が低くて一晩置いても固まらないんです。だからたくさん食べても重くないんですが、豚と言えども食べ過ぎると胃もたれしますし胸焼けします。ところが愛農ナチュラルポークは、指で触るとハンドクリームのようななめらかさがあります。

愛農ナチュラルポークは愛農高校の養豚部において川上先生の指導の下、生徒たちが一生懸命に育てています。改めてということでもないのですが、愛農高校とはどのような学校なのか・・・

日本味育協会代表の宮川さんがこのようにまとめてくださいました。

7290_403842996397967_1822326682_n

~自然と共生できる農業者及び有機農業実践者を育成~

間にあるこの学校は日本で唯一の私立の農業高校。広大なキャンパスには、水田、野菜畑、果樹園、牛舎、養豚場、養鶏場、演習林などがあり、生徒たちは全寮制で、早朝から家畜の世話をし作物を育て、農業の喜びや厳しさを体験的に学んでいます。

何と!校内自給率70%(農作物、家畜、味噌やしょう油といった基本的な調味料、ベーコン、ジャム、漬物など加工食品)に達する自分たちが育てたものを自分たちで調理して食べていますので(調理職員はいません!)、食べ物=自然の恵みに感謝する心がしっかりと育っていることを感じました。

また、持続可能な農業の確立が教育の柱とのことで、牛、豚、鶏の糞尿は畑の堆肥として活用するなど、化学肥料や農薬を使わない循環型農業を実践していて、自分たちが食べる食糧の安全性とそのおいしさを日々学んでいるわけです。生徒たちの表情は一様に輝いていて、よく目にする「だり~~ぃ」虚無な表情の子がいないことに驚きました。

そして、教職員やPTAの大人たちも、日本の食糧を支える希少な有機農業者育成に真摯に向き合ておられ、もう少し早くこの高校の存在を知っていれば間違いなく家の子の母校になっていたと確信しました。

同行したシェフや大人達は愛農ナチュラルポークの、あの素直なおいしさの訳が実感できたと同時に、「この高校生達のために何かしたい!」と思わせるおいしいランチを彼らと一緒に食べることができて、心も体も洗われるような素晴らしい体験でした。中学生のお子さんやお知り合いをお持ちの皆さん!!是非!行ってみて下さい。

IMG_8513

メルマガを書こう、愛農ナチュラルポークのことを紹介しよう、せっかく川上先生がベーコンを作ってくれたのだから早くご案内を出さなければ・・・と思いつつ1日過ぎ、2日過ぎ、みなさんどうやって探してくれたのか売れてるんですよね。ほんとありがとうございます!感謝です。

通常、豚肉は単品仕入れといって欲しい部位のみ問屋さんから仕入れます。(牛肉も同じようなものです)つまり、ロース、モモなどお店でよく売れる部位だけを仕入れられるのです。

ところが、愛農ナチュラルポークは、出荷が不定期なうえに一頭仕入れが基本です。すべての部位がそつなく使えればいいのですが、当店でも売りやすい部位とそうでない部位があるわけです。ロースやバラは需要が多く、モモは焼豚など用途が多いので常に売り切れ状態です。

逆にいつも売れ残ってしまう部位がウデなのです。そこで、川上先生にお願いしてショルダーベーコンを作ってもらったのです。調味料は、原糖、塩、胡椒のみ。たったこれだけです。すごくおいしくて、工業生産しているベーコンと食べ比べていただければ味の違いが分かると思います。(→愛農ナチュラルポークのベーコン

さて、忘れるところでした。もう1つご案内しとかなければいけません。
長く売切れていました近江牛熟成肉、本当にたくさんのお問い合わせをいただいております。熟成期間が短めですが、本日より販売を再開させていただきます。10日程度、熟成庫から出すのが早いのですが、いい感じに仕上がっていますのでご興味のある方、特においしい赤身肉を探しておられる方はぜひお買い求めください(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農高校で豚のお産に立ち会う

たまたま学校を訪ね豚舎を覗いたらお産していた。さすがにカラーは血の色が鮮やかすぎるのでモノクロで雰

記事を読む

愛農ナチュラルポーク、試験的に滋賀の食肉センターで屠畜解体

昨日、トラックから豚を降ろすのに手こずった。スゴイ声で泣き叫ぶ4頭の豚たち。自分たちがこれか

記事を読む

愛農ナチュラルポークLボーンステーキもうすぐ販売

年末年始においしい豚さんを食べたい!ってことで、愛農ナチュラルポークのお問い合わせをたくさん

記事を読む

愛農ナチュラルポーク9月1日10時から販売開始

昨日まで東京出張だったので、溜まっている仕事をかたずけるため早朝より頼まれていた原稿を書いて

記事を読む

Restaurant 愛と胃袋3周年と愛農ナチュラル紅ポーク入荷

週末は東京出張が続いているのだが、ランチは知らないところでハズレを引くよりも安心しておいしさ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
保護中: ジビーフ『なおみ』そして、息子の伊藤さん、出荷の日

僕がなにを書いても陳腐な表現になりそうなので、西川奈緒子さんの投稿をそ

『公開版』Part10 格付けはおいしさの物差しではない(P68)追記

あそこの肉よりここの肉のほうがおいしいよねー、、とか、なぜ、あ

保護中: 『非公開版』Part9 日本産和牛とWAGYU追記

コピー、転用、他言無用でお願いします。 2018年9月に和牛

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031