*

感動と感謝のポークバトルロワイヤル

公開日: : 2013/03/05 イベント, 愛農ナチュラルポーク

861852_483720881675251_1295775795_n

知人(徳島県在住)が、愛農ナチュラルポークの取り組みに共感して、徳島でイベントをやりたいと申し出てくれたのが昨年のことだった。

てっきりこじんまりとしたイベント(食べる会のような感じ)だと思っていたのだが、出来上がったポスターを見て驚いた。料理人を3人も巻き込んだ結構な規模のイベントではないか。

2月末に愛農ナチュラルポーク1頭分を振り分けて各料理人へ送った。
それらがどのような料理になるのか当日のお楽しみということで、昨日、きたやま南山の楠本さんと京都駅から高速バスに揺られて一路徳島へ。

会場は、JAPANESE DINING RINTO[凛]というすばらしいレストランで、外観を見ただけで私と楠本さんはテンションが上がった。

こんなすばらしいレストランで愛農ナチュラルポークを料理してもらえるなんて感謝しかないのだが、本当は愛農高校の先生や生徒たちに見てほしいし、一緒に食べてほしいし、参加者の声を聞いてほしい。それこそが学校教育では学べない現場力でありマーケティングの勉強でもあるのだ。

IMG_1388

料理をすべて紹介しいのだが、会話と食べるのに一生懸命で写真を撮るのを忘れていた。
唯一の1枚は、愛農ナチュラルポークの「ウデ肉昆布〆炭火焼と10種の春野菜お浸し」
これがうまかった!

IMG_1411

愛農高校では、種豚1頭に母豚が10頭というかなり小規模でやっているのだが、これは経営とは言わないし、そもそも成り立たない。あくまでの実習の一環だからこそ焦ることなくゆっくりと育てられるのだ。

愛農高校の養豚は、一般的な「効率重視」ではなく「個性重視」といったところで、私は今後も効率以上の価値を見出す取り組みを応援していきたい。

もっとじっくり書きたいところだが時間がない。
続きは書ける環境になるまでおあずけ。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プレミア近江牛は予想を覆すA-4という結果だった

究極の食育は、「自分で育てた牛の肉を食べる」ことだと思う。 生産者はどんな気持ちで牛を出荷

記事を読む

A2ヒレ肉のココット焼きは悶絶寸前の境地に

A5の肉は作れてもA2は難しいなぁ... 畜産の世界では、昔から雌で未経産の牛がおいし

記事を読む

牛肉サミット2012 10万人の来場者で熱く暑く盛り上がった!

会場をぶらぶら歩いていた井岡弘樹さんと(^^) 牛肉サミット2012が終わった。 私の夏

記事を読む

肉Meets × 茂野眞 in Le14eル・キャトーズィエム

告知数時間で速攻満席、まぁね、5坪11席なので仕方がないのですが、まさにプラチナチケットです

記事を読む

愛農ナチュラルポークお披露目会は12月6日きたやま南山にて開催

三重県伊賀市の山間部に愛農高校という全寮制の農業学校がある。 「農場から食卓へ」を実践する学校で、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。

Le Severo C’est excellent!

牛肉にしろ豚肉にしろ2通りの考え方があります。産地がどこだとか

肉をおいしくするには庫内環境と呼吸です

10日前に入荷したジビーフ(台風直後の地震でしたがジビーフ72

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30