*

ジビーフ「あつし」のカイノミを食べる

公開日: : 2019/01/27 ジビーフ(完全放牧野生牛)

1月11日にと畜した24ヶ月令去勢の『あつし』。生産者の奈緒子さんは月齢が若いので肉にするには早すぎるとの見方だった。実際に枝重は272kg、皮下脂肪は0.2cmと黒毛和牛の半分程度。誇れるのは有機JAS牛とアニマルウェルフェアと言う部分だけなのか?!

僕は生産者じゃないので、実際に届いた肉を見て手当ての判断をするだけ。生きた牛を見たところで僕には分からない。だけど肉を見ればある程度のことは分かる。特に瑕疵は飼育中の事故なのか、サシを入れるためにビタミンコントロールを失敗したものなのか、はたまた病気なのか、、必ず肉に症状が現れる。だから僕は生産者が愛情だの感謝だの家族の一員だのと言った発言には違和感しか感じない。そんなことは肉を見れば分かる。

ジビーフ『あつし』が届くとその日は何もせず冷蔵庫で休ませる。翌日、すべての部位を検品して頭に浮かんだシェフごとに手当ての段取りをしていく。その前に今回のジビーフ『あつし』、奈緒子さんの心配をよそにものすごくいい。肉に張りがあり水分量も適度で20日もあれは仕上がるだろう。もちろん瑕疵はない。

ロース、モモ、カタウデは熟成させるので30日後、他の部位は日々様子を見ながら販売していきます。先月のジビーフ『次郎』同様にカイノミをメゼババ高山シェフに預けた。カイノミはいつもフレッシュで食べて思いを巡らせるのだが、繊維がガチガチだった次郎に比べてあつしは繊維ごと噛み切る喜びのようなものを感じる。ジビーフを前にすると不思議とうまいとかおいしいとか誰も言わない。もちろんとろけないので柔らか〜いなんてことも言わない。ジビーフを前にするとみな無言になる。そしてニヤッと笑う。これこそジビーフであり命をいただくという行為である。

今朝のジビーフたち

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフは水分量をコントロールすることでかなりおいしくなってくれるのです

今回入荷のジビーフ『ヤックン』はいつもより水分量が少なかった。なので長期の吊るしではなく、1

記事を読む

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30日の水分調整からのドライエージ

記事を読む

ジビーフカレー近日中に販売します

(20年ぐらい前の写真です。昔のブログに残っていました) 昨年末に入荷したジビーフは運送屋

記事を読む

次回のGibieef再販が連休明けです

3月に北海道様似の西川さんちでご馳走になったGibieef(完全放牧野生牛)のハンバーグは、

記事を読む

ジビーフの一般販売に関しまして

ジビーフの一般販売に関しまして、たくさんの方からお問い合わせをいただいておりますが、今回入荷

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
肉を触り肉を捌いて

和牛は雌がよい。血統は但馬系がよい。枝肉の右側より左側がよい。

生食の提供について

タルタル、ユッケを提供している飲食店を多くみかけます。雑誌で見るこ

肉Meets in 旧原田邸(岡山倉敷)=サカエヤ&セジール大移動

数年前にきたやま南山にて三宅商店の辻さんとタルマーリーの渡邉さ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31