*

ジビーフ「あつし」のカイノミを食べる

公開日: : 2019/01/27 ジビーフ(完全放牧野生牛)

1月11日にと畜した24ヶ月令去勢の『あつし』。生産者の奈緒子さんは月齢が若いので肉にするには早すぎるとの見方だった。実際に枝重は272kg、皮下脂肪は0.2cmと黒毛和牛の半分程度。誇れるのは有機JAS牛とアニマルウェルフェアと言う部分だけなのか?!

僕は生産者じゃないので、実際に届いた肉を見て手当ての判断をするだけ。生きた牛を見たところで僕には分からない。だけど肉を見ればある程度のことは分かる。特に瑕疵は飼育中の事故なのか、サシを入れるためにビタミンコントロールを失敗したものなのか、はたまた病気なのか、、必ず肉に症状が現れる。だから僕は生産者が愛情だの感謝だの家族の一員だのと言った発言には違和感しか感じない。そんなことは肉を見れば分かる。

ジビーフ『あつし』が届くとその日は何もせず冷蔵庫で休ませる。翌日、すべての部位を検品して頭に浮かんだシェフごとに手当ての段取りをしていく。その前に今回のジビーフ『あつし』、奈緒子さんの心配をよそにものすごくいい。肉に張りがあり水分量も適度で20日もあれは仕上がるだろう。もちろん瑕疵はない。

ロース、モモ、カタウデは熟成させるので30日後、他の部位は日々様子を見ながら販売していきます。先月のジビーフ『次郎』同様にカイノミをメゼババ高山シェフに預けた。カイノミはいつもフレッシュで食べて思いを巡らせるのだが、繊維がガチガチだった次郎に比べてあつしは繊維ごと噛み切る喜びのようなものを感じる。ジビーフを前にすると不思議とうまいとかおいしいとか誰も言わない。もちろんとろけないので柔らか〜いなんてことも言わない。ジビーフを前にするとみな無言になる。そしてニヤッと笑う。これこそジビーフであり命をいただくという行為である。

今朝のジビーフたち

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ入荷…今回も安定の格付けC1です

ジビーフが入荷してきました。安定のC1です。脂がないのでふにゃふにゃです。現地の問屋さんに加

記事を読む

食彩の王国、関西は放送されなかったのですがすばらしい内容だったそうです

本日、テレビ朝日「食彩の王国」にてジビーフを取り上げていただきましたが、残念ながら関西は放送エリ

記事を読む

牛肉に旬はあるのか?ジビーフのウチヒラを捌く

和食の料理人さんとお話ししていると「走り・旬・名残」という言葉がよくでてきます。自然の素材の

記事を読む

目利きは肉そのものよりも生産者の人柄優先

ブラインドで味覚テストでもすれば、マグロと間違うんじゃないかと思うぐらい滑らかな赤身肉です。

記事を読む

ジビーフ「ろくちゃん」間もなく入荷

10日着予定の有機ジビーフ『ろくちゃん』(30ヶ月令メス)ですが、生産者の西川さんから以下の

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
父親間もなく引退

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前

10月はcenciさんでコラボやります

料理人と料理人、食材と食材、いろんなコラボイベントがありますが

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031