*

ピカピカの内臓入荷

公開日: : 2018/10/20 ホルモン

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってるだけで、えらそうに指導とか無理なんですね。だいたいが苦手なんです。飲食店でも一人でやられているところやご夫婦でバタバタされているところは、おそらく人を使うことが苦手なんでしょうね。これはもうどうしようもなく得手不得手の問題以前に性格の問題だったりして(笑)

僕の場合は、話すより仕事を見てもらうだけ。内臓もは洗いを見てもらい、保存の仕方から各部位の処理、見極め方、内臓から分かる牛のあれこれ等… 牛肉同様に内臓も保存が重要です。

僕の話しを聞いて生でレバーとかセンマイ食べたいと言う人はよっぽどだと思う。特にセンマイなんて僕はぜったい生では食べたくない。屠畜後の内臓見れば特にね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

シェフとの連携でおいしさを生み出す

この写真だけで分かったら相当な肉フェチだと思うのです。実物見ても恐らく分かる人は少ないんじゃ

記事を読む

近江牛ホルモンのオルツォは超絶なおいしさだった

ホルモンは焼く、煮る、炒める、炊く・・・ う~ん、他は思い当たらないが、イタリアンのシ

記事を読む

近江牛の新鮮レバーをステーキ風に

食品にゼロリスクなしにも関わらず 安全性を証明できない限り生食用牛レバーの販売禁止が決定し

記事を読む

もつ鍋のおいしい季節がやってきたー!

ここ数日、めっきり寒くなって「もつ鍋」の売れ行きが絶好調です。 すっかり鍋料理の1つと

記事を読む

近江牛の甘味なもつとスープで織りなす至極のもつ鍋

いまや鍋料理の定番として、鍋ランキングで上位に入るもつ鍋ですが ブームになったのは、いまか

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
岡山の料理人たちとブラウンスイス牛

鞍下(肩ロース)はすき焼き&しゃぶしゃぶ、ネックは切り落としか

domaine tetta × SAISIRコラボディナー

domaine tettaの高橋さんとのコラボ会は過去に神楽坂

MESEBABARDOR with SAKAEYA=誰の真似でもない今までの経験とその土地からしか生まれない一夜限りのレストラン

この男、本番が近づくにつれ言葉数が少なくなった。着替えを済ませ

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930