*

吉田牧場のブラウンスイス牛「ミモザ」の牛生

公開日: : 2018/09/01 吉田牧場のブラウンスイス牛

「ミモザ」という名前の牛がいた。仔牛をたくさん産み、いちばん長生きした牛だった。牛舎に牛を入れるとき、なだれ込んで先頭を走ってくるミモザが、その前で滑って倒れた青年に気づき急ブレーキ。後続の牛群を体を横にして食い止めた。なんて頭のいい牛なんだ。そんなミモザが2010年春、足の病気で立てなくなり去っていった。

今年の5月、マンゴーという名の牛が種がつかなくなって肉になった。ミモザの話しを聞いて感動した直後に入荷してきたのだが、なんとマンゴーはミモザの子供だった。胸が熱くなった。

こんなふうに牛1頭1頭に人生、いや、牛生がある。そういった背景もひっくるめて僕はおいしくしてやりたい。僕は定期的に吉田牧場さんを訪ねることにしている。全作さんや原野さんの想いに触れ、僕にできることを一生懸命やるために。

先日、ビガーとボスという2頭の牛が肉になった。この2頭にはいったいどのような牛生があるのか。先に内臓が届いたので、脂がたくさんついたミノを食べてみた。あぁーおいしい。脂に嫌みがなく、すーっと溶けていく。僕の友人たちにはこういう内臓を食べてほしい。そして食べることでいろんなことを知ってほしい。今日は洗いをかけて一晩さらして水を切るので、販売は来週かな

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなかで、吉田牧場さんのブラウンスイ

記事を読む

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ(骨を外すこと。骨を抜くともい

記事を読む

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

サカエヤ店舗で、セジールで、吉田牧場さんを堪能

吉田牧場さんの名を有名にしたのは2013年に放送されたNHKプロフェッショナル仕事の流儀でし

記事を読む

岡山吉備高原・吉田牧場のブラウンスイス牛の内臓を少しだけですが一般販売しています

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全作さんと原野さん。吉田さんが運営する

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
自分の歌い方で歌え

テレビも見ないし音楽も聞かないのですが、桑田佳祐ひとり紅白歌合戦は毎年

食べ手について

生産者がいて料理人がいて食べ手がいる。まぁそうなんですが、フー

京都祇園 時菜 今日萬にて 中島武 × 新保吉伸

一昔前は「特選」とか「極上」といった表記が目立ったが、不当表示

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031