*

ジビーフがJAS有機畜産認定となりました

公開日: : 2017/12/29 ジビーフ(完全放牧野生牛)

ジビーフがJAS有機畜産認定されました。もともとはいろんな方から推薦を受けてのことだったのですが、申請に際して駒谷牧場の西川奈緒子さんも僕も積極的ではなかったのです。1ヵ月に1頭しか出荷されないジビーフですし、卸先も限られたところだけだし、あまり意味を持たないと思っていました。それでも推薦してくれる方もいることだし、認証されても邪魔になるもんでもないし、まぁ、いいんじゃないみたいな感じだったのです。

今年に入ってから「放牧」いう言葉が一人歩きしているかのように、いろんなところで見かけるようになりました。熟成肉と同じで言ったもん勝ちみたいなところがあり、いまさらですが、私たちにとってJAS有機畜産認定は区別と理解であり、ジビーフってなに?… という問いに対しての応答の明確さだと思っています。

国内で肉牛として認証されているのは、ジビーフで三例目となりますが、食用として出荷できる牛は大学の研究農場と駒谷牧場のジビーフだけとなります。正直申しましてJAS有機畜産に認定されたからといって何かが変わるわけでもなく、私たちは黙々と目の前の肉をいかにしておいしくできるのか、どうすればお客様にご満足いただけるのか、それだけで精一杯なのです。

ただ、いままでもこれからもジビーフを応援してくださる方々が全国にいらっしゃいますので、その方々の期待に背くようなことだけはしたくないし、誇りに思ってもらえるようなジビーフでありたいと思っています。

ジビーフは数年前まで世の中に出せるような牛肉ではありませんでした。ましてや近江の地でサカエヤが販売することになるとは思っても見ないことでした。一人の女性の夢と希望とそこに集う共感者たちが繋いでいった時代を逆行するような牛肉、それがジビーフであり、牛が本来の形を取り戻すべき姿なのかもしれません。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

有機JAS認定のジビーフがと畜されました

有機JAS認定のジビーフ第一号の屠畜がさきほど終わりました。できれば立ち会いたかったのですが

記事を読む

今年も開催ジビーフツアー

9月18日にセジールにて、サルメリア69の新町さんとコラボ会が開催されます。先日、東京出張の

記事を読む

吉田牧場でジビーフミーツな1日に全国から巨匠たちが集まったのでした

「これとこれは獲れた場所が違いますね」と草喰なかひがしの店主、中東さんさんが2匹の鮎を指す。

記事を読む

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言って

記事を読む

熟成肉同様、赤身肉にも定義がないのです

さて、なんの肉でしょうか?..... 牛肉には違いないのですが、おそらくですよ、料理人

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生食について思うこといろいろ

定期的にアップしているのですが、外食先でタルタルを見かけること

eco-beef project in サカエヤ

熊本の東海大学農学部が今年から立ち上げた「草原あか牛eco-b

愛農ナチュラルポークの骨抜き研修中

毎週木曜日はセジールのランチが休みなので、今年の4月から入社し

→もっと見る

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031