*

東海大学で生まれ育った阿蘇のあか牛が入荷してきました

公開日: : 2017/08/13 あか牛

熊本県南阿蘇村の東海大学農学部農学教育実習センターでこの子が生れたのが2015年4月30日。熊本地震が2016年4月14日だから生れて1年後に地震が起こったということになる。生徒たちは避難し、残った先生方が懸命に育ててくれた証。力強く生きぬいてくれた証。ありがたく5日前の8月8日にお肉になってくれました。

いつだったか、大阪の問屋が肉を売り込みに来た。口蹄疫直後で牛が不足しておまけに肉が売れない時だったので、全国各地から営業が毎日のようにやってきた。ボックスミート(箱に入った真空パックされた部分肉)をトラックに積んで、ちょうど暑い時期だったので今頃だったかも知れない。口八丁手八丁でしゃべりまくる営業マンだったが、「会ったこともない生産者の肉を買う理由がない」と断った。どんな方が、なにを食べさせて、どうやって育てているのか知らずして肉を手当てすることはできないし、なんか気持ち悪い。

だから時間があれば産地へ行き牛を見る。僕は予告なしに突然行くことが多い。そのほうが素のままを見ることができる。ただ相手にとっては良い迷惑だし、僕が同じことをされたらものすごく嫌だ。じゃー連絡してから行けよという話だが、まぁ、それはそれ。自己中ですから(笑)

今日のお昼過ぎ枝肉で届いたばかりなので、10日程度水分調整しながら様子を見て販売したいと思いますが、週末に福岡のル・ルビーで肉とワインのイベントがあるため、ちょっと早いですがウチヒラをみなさんで味わいたいと思います。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

阿蘇のあか牛、ナチュラルからよりナチュラルへ。すばらしい肉質です

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛。橋村さんが立ち上げたプロジェクトは野草地を利用

記事を読む

熊本・東海大学のお母さんあか牛が入荷。すばらしい肉質に興奮せずにいられない

熊本・東海大学農学部の阿蘇草原あか牛の流通を担っている橋村さんからあか牛を肉として仕上げてほ

記事を読む

ル・ルビーで肉とワイン会

私の昔からの福岡在住の友人&INUWine梅田さんの友人でコラボ会。愛農ナチュラルポ

記事を読む

橋村さんが育てた阿蘇の草原あか牛

ロースが骨付きで16.4kgなのでかなり小さな牛だったことがわかります。橋村さんが阿蘇郡南小

記事を読む

東海大学のあか牛、我慢できずに焼いてしまいました

昨日の続きですが、東海大学の阿蘇あか牛。輸送疲れもありしばらく肉質を落ち着かせてからどのよう

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31