*

牛飼いに必要なのは技術よりも夫婦円満なのかも

公開日: : 2017/08/11 近江牛, 牧場・生産者

先週お肉になってくれたばかりの藤井牧場さんの近江牛ですが、久しぶりにドストライクです。こういう肉をお願いしているのですが、いかんせん生き物相手ですからうまくいかないものです。藤井さんは夫婦2人で200頭の牛を繁殖から肥育まで行っています。夫婦2人だと200頭が限界ですね。これ以上だと管理ができなくなり肉に影響してきます。200頭レベルだと藤井さんの心根を牛が察してしまうんです。だからいつも夫婦仲良くしていないと良い牛は作れないんです。科学的に立証したわけではないのでそんなアホなと思われるかも知れませんが、長年いろんな生産者とお付き合いして来て僕はそう感じています。実際、藤井さんに限らず100~200頭規模の生産者が出荷した肉で、しばらく良い成績が続かない場合、夫婦喧嘩してたり悩み事を抱えていることが多いのです。もちろんすべてに当てはまるわけではなくあくまでも私が感じていることであり思い込みも少しはあるかも知れません。どちらにしても、この肉を見る限り藤井さん夫婦ラブラブですね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

目利きとは、肉屋の仕事とは。

ライターさんにこんなことを質問されました。「新保さんは、生産者を限定してお肉を選んで

記事を読む

プレミア近江牛が順調な仕上がりで楽しみ2倍

facebookの近江牛.comファンページにうれしいコメントをいただいた。 ご紹介いただ

記事を読む

あけましておめでとうございます

本日1月2日より仕事始めです。毎年のことですが元旦はどこにも出かけず家にこもってテレビ三昧。体を動か

記事を読む

no image

2011年10月16日のつぶやき

omigyucom / 近江牛.com|新保 吉伸料理マスターズブロンズ賞受賞のロレオール伊藤シェフ

記事を読む

no image

2011年10月15日のつぶやき

omigyucom / 近江牛.com|新保 吉伸近江牛熟成肉、本日から販売開始です! | http

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
生食について思うこといろいろ

定期的にアップしているのですが、外食先でタルタルを見かけること

eco-beef project in サカエヤ

熊本の東海大学農学部が今年から立ち上げた「草原あか牛eco-b

愛農ナチュラルポークの骨抜き研修中

毎週木曜日はセジールのランチが休みなので、今年の4月から入社し

→もっと見る

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031