*

牛飼いに必要なのは技術よりも夫婦円満なのかも

公開日: : 2017/08/11 近江牛, 牧場・生産者

先週お肉になってくれたばかりの藤井牧場さんの近江牛ですが、久しぶりにドストライクです。こういう肉をお願いしているのですが、いかんせん生き物相手ですからうまくいかないものです。藤井さんは夫婦2人で200頭の牛を繁殖から肥育まで行っています。夫婦2人だと200頭が限界ですね。これ以上だと管理ができなくなり肉に影響してきます。200頭レベルだと藤井さんの心根を牛が察してしまうんです。だからいつも夫婦仲良くしていないと良い牛は作れないんです。科学的に立証したわけではないのでそんなアホなと思われるかも知れませんが、長年いろんな生産者とお付き合いして来て僕はそう感じています。実際、藤井さんに限らず100~200頭規模の生産者が出荷した肉で、しばらく良い成績が続かない場合、夫婦喧嘩してたり悩み事を抱えていることが多いのです。もちろんすべてに当てはまるわけではなくあくまでも私が感じていることであり思い込みも少しはあるかも知れません。どちらにしても、この肉を見る限り藤井さん夫婦ラブラブですね。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おいしさの方程式って「商品+環境」だと思うのです

農家さん(生産者)との会話で、度々出てくる「うまい牛」というワード。「食べておいしい肉」にな

記事を読む

牛と料理人

料理人が牧場まで足を運ぶにはいろいろな想いがあってのこと。というのも大切な休みを使って1日を

記事を読む

ご要望は備考欄へ、できる限りお応えさせていただきます

かなり前の話なのでうろ覚えなのだが、ビール会社の方と話す機会があった。 コンビニやスー

記事を読む

足寄の石田さんを訪ねて

月曜日から3日間、スタッフ研修を兼ねて北海道へ行ってきました。僕自身は年に4回はジビーフ訪問

記事を読む

いままでもこれからも枝肉にこだわりたい

セリで落札した枝肉(骨がついたままの塊の肉)は、 トラックで当店に持ち帰り、しばらく熟成さ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
阿蘇の草原牛が昨年に続き今月末に入荷してきます

熊本阿蘇の草原牛としては昨年に続き二頭目となりますが、またまた

肉サカエヤにて初イベント(サカエヤ×ディオニー)ナチュラルワインと新保が選んだ肉とシャルキュトリを楽しむ会

【昼の部】 ワインのインポーター、ディオニーと肉サカエヤ

新鮮なミンチでハンバーグ

久しぶりにハンバーグを作った。内容は近江牛のスネと愛農ポークの

→もっと見る

  • 2017年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031