*

パリに到着、まずは16区のイブマリの店へ

公開日: : 2017/07/01 フランスの旅

6/26からお休みをいただきフランスを旅しています。私がいないと肉を手当てできないので店は長期休暇でお客様にはご迷惑をおかけしております。移転前に見ておきたいところがあるので思い切っての決断でした。

パリからアルザスへ。そしてブルゴーニュからパリへ。アルザスやブルゴーニュではワインやチーズの生産者を訪ね、パリではひたすら肉を食べるといういつものパターンですが、アマラントですばらしいレストランに出会いました。

その前に昼間にパリに戻ってホテルに荷物を預けて、まずはイブマリの店へ。連絡なしで行ったので驚いていたが、ぱっと顔見てぱっと帰るぐらいがちょうどいい。イブマリから「そうそう送ろうと思っていたんだ」とパネル(イブマリところの生産者たちの肉をパネルにしたもの)をもらったが、そもそもお互いの取り組みや考え方に共感して仲良くなったのでパネルを作った意味合いがよくわかる。新店に飾ることを約束して次回会うのはうちの店かな。

そして夜はまたまた肉を食べ歩くのでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最高においしいクレープとアンドゥイユは衝撃の味だった

パリからTGVでブルターニュに向かう途中、Mさんがどうしても食べさせたいクレープがあるという

記事を読む

童話の世界をみるようなすばらしい環境のなかで暮らす幸せそうな牛たち

3番目の訪問地となったのは、ナントの東南にある ラ バレ ベルト牧場です。シンメンタールとい

記事を読む

イブマリ・ル・ブルドネックが開講するマスタークラスとは

<meta http-equiv="X-Frame-Options" cont

記事を読む

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

フランス紀行

5月11日~19日までのフランスの旅。内容が濃すぎてぼちぼちアップしていきます。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
リムーザン牛をおいしくするために

約2年間、リムーザン牛とバザス牛を使い続けてきました。ある方に

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんで

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031