*

パリに到着、まずは16区のイブマリの店へ

公開日: : 2017/07/01 フランスの旅

6/26からお休みをいただきフランスを旅しています。私がいないと肉を手当てできないので店は長期休暇でお客様にはご迷惑をおかけしております。移転前に見ておきたいところがあるので思い切っての決断でした。

パリからアルザスへ。そしてブルゴーニュからパリへ。アルザスやブルゴーニュではワインやチーズの生産者を訪ね、パリではひたすら肉を食べるといういつものパターンですが、アマラントですばらしいレストランに出会いました。

その前に昼間にパリに戻ってホテルに荷物を預けて、まずはイブマリの店へ。連絡なしで行ったので驚いていたが、ぱっと顔見てぱっと帰るぐらいがちょうどいい。イブマリから「そうそう送ろうと思っていたんだ」とパネル(イブマリところの生産者たちの肉をパネルにしたもの)をもらったが、そもそもお互いの取り組みや考え方に共感して仲良くなったのでパネルを作った意味合いがよくわかる。新店に飾ることを約束して次回会うのはうちの店かな。

そして夜はまたまた肉を食べ歩くのでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フランスの旅は濃厚で楽しく最高の牛ツアーでした

牧場見学もこれで最後となりました。デランド牧場です。ヘレフォードやブロン ダキテーヌとの交配

記事を読む

ステーキ・レボリューション10月17日から全国順次ロードショー

フランスのナントにあるラ バレ ベルト牧場は、シンメンタールというスイス原産の白茶色の牛(母

記事を読む

童話の世界をみるようなすばらしい環境のなかで暮らす幸せそうな牛たち

3番目の訪問地となったのは、ナントの東南にある ラ バレ ベルト牧場です。シンメンタールとい

記事を読む

Yves – Marie LE BOURDONNECは人も中身も濃かった

せっかくなのでイブ=マリ・ル=ブルドネック(パリの肉屋)にも会いに行こうということでMさんに

記事を読む

最高においしいクレープとアンドゥイユは衝撃の味だった

パリからTGVでブルターニュに向かう途中、Mさんがどうしても食べさせたいクレープがあるという

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
ピカピカの内臓入荷

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってる

ジビーフ入荷 心で育て心で味わう

9/13出荷のジビーフ(くろちゃん)と10/8出荷のてつおくん

琉球大学農学部で育ったあか牛が石垣島からやってきた

琉球大学農学部が石垣島で育てたあか牛がふたたび入荷してきました

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031