*

パリに到着、まずは16区のイブマリの店へ

公開日: : 2017/07/01 フランスの旅

6/26からお休みをいただきフランスを旅しています。私がいないと肉を手当てできないので店は長期休暇でお客様にはご迷惑をおかけしております。移転前に見ておきたいところがあるので思い切っての決断でした。

パリからアルザスへ。そしてブルゴーニュからパリへ。アルザスやブルゴーニュではワインやチーズの生産者を訪ね、パリではひたすら肉を食べるといういつものパターンですが、アマラントですばらしいレストランに出会いました。

その前に昼間にパリに戻ってホテルに荷物を預けて、まずはイブマリの店へ。連絡なしで行ったので驚いていたが、ぱっと顔見てぱっと帰るぐらいがちょうどいい。イブマリから「そうそう送ろうと思っていたんだ」とパネル(イブマリところの生産者たちの肉をパネルにしたもの)をもらったが、そもそもお互いの取り組みや考え方に共感して仲良くなったのでパネルを作った意味合いがよくわかる。新店に飾ることを約束して次回会うのはうちの店かな。

そして夜はまたまた肉を食べ歩くのでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ボラン農場を訪ねて

ブルターニュ最終日はトレマルガットのボラン農場へ。ここにはフランスに来て40年というMASA

記事を読む

牧場BBQの前の腹ごしらえ的なウォーミングアップ

イブマリのマスタークラスに参加後、パリからバスで北東方面へ1時間半ほどバスに揺られて

記事を読む

イブマリ・ル・ブルドネックが開講するマスタークラスとは

<meta http-equiv="X-Frame-Options" cont

記事を読む

ジビーフ入荷情報と帰国報告

再来週入荷のジビーフですが格付けはB2でした。少し、ほんの少し脂肪が乗っていますが(と言って

記事を読む

クジラがモチーフのナイフを見るためにラ ロシェルのFAROL社へ

5/15は、かなりバスに揺られました。ナントから2時間余り南下したビスケー湾の入り江にあるラ ロ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
料理人と食材の相性

って重要だと思うのです。良い食材だからおいしい料理ができるでは

ユッケ、タルタル、生食について

ここ最近、何軒かのレストランで食事したときにメニューに堂々とタ

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031