*

枝肉一頭を売り切るために技術が必要

公開日: : 2017/05/06 近江牛

和牛を一頭仕入れしていると好むと好まざるとに関わらずサシが多いところもあれば赤身が多いところもあります。部位じゃなく「ところ」と書いたのは、例えばシンタマ(マル)という部位は、全体的に赤身が強いのですがヒウチと呼ばれる一部分にはサシが入ります。肉を選ぶ際の一つのものさし(基準)として格付けがありますが、A5ランクのシンタマになると全体的にサシが入るので「一部分に赤身が入ります」といったほうが適切かも知れません。写真は近江牛A4(♀)の肩ロースから取り出したハネシタですがかなりサシが入ります。見た目はキレイですが、食べ方によってはたくさん食べられません。ただ、調理法や焼き方、道具によっても異なりますので、一概に「霜降り=くどい」とは言えないと思うのです。

GWも明日で終わりですが、この時期はスライス肉があまり出なくて、ほとんど焼肉です。そのために肩ロースもモモも細分化して焼肉用にカットします。手間や利益的なことを考えればスライスが売れてくれた方がいいのですが、四季によって売れる商材が変化するからこそ一頭を売切れるだけの技術が必要なのです。そのあたりが肉屋の楽しさでもあるのですが・・・。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

韓流焼きしゃぶチャドルバギ(차돌박이)を近江牛ブリスケでアレンジ

韓国へは数えきれないほど行っているが チャドルバギ(チャドルベギともいう)を食べたのは初め

記事を読む

肉じゃがつくりました

切り落としを食べればその店の肉がだいたい分かる。なんて言われていますが実際はどうなんでしょう

記事を読む

熟成肉ブレイク寸前

和牛の象徴といえば「サシ」、いわゆる霜降り肉だが 最近、私の周りから聞こえてくるのは、サシのある肉

記事を読む

トモスネの吊るし焼肉が意外とうまい

トモスネ(後足のスネ)は、脂肪分が少なく筋も多く肉質は硬めなので用途としては、ミンチ

記事を読む

近江牛とパイン牛の食べ比べは比較できないおいしさに感動したのでした

対照的な2つの肉の塊。部位はどちらもサーロインですが、圧巻の光景ですね。お客様の驚く声が聞こ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
今日で移転から7か月目、まだそんなの?って感じですが月日の経つのは早いですね

昨年の9月21日に移転してちょうど今日で7か月目です。 僕が

阿蘇の草原プロジェクトinセジール

【イベントのご案内】 ●阿蘇の草原プロジェクトinセジール

シャンカール野口&セジール村田コラボディナー

東京スパイス番長、シャンカール野口さんとのコラボディナーは、普

→もっと見る

  • 2018年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930