*

Old Baccarat と愛農ナチュラルポークを楽しむ会

公開日: : 2017/04/06 イベント

京都美商株式会社 / 井村美術館にて開催された《Old Baccarat と愛農ナチュラルポークを楽しむ会》は、私の知らない世界を垣間見たような、なんとも凄いイベントでした。

それはそれは恐ろしい値段の柿右衛門や200年前の伊万里のお皿に肉を盛り付けるのですから、もし割ろうものなら土下座では済まされない緊張感の中、盛り付け終わればジビエチックな愛農ナチュラルポークの脂身に歓声が上がったのでした。それにしてもいい経験をさせていただきました。いまでこそ滅多にありませんが、私が30代の頃は、お祭り事やオメデタイときはお客様がお皿を持ってこられて、そこに肉を盛り付けるのが田舎の風習のような時代もあり、なんとも懐かしい感じがしたのでした。

この日のお酒をご紹介させていただきますと、乾杯のお酒は賀茂金秀純米大吟醸35特Aの更に上、特上米の山田錦の35%精米です。火入れですが、開栓直後は軽くガス感があるのも特長です。
とても美しいお酒なので、乾杯のお酒にぴったりだと思います。

愛農ナチュラルポークのしゃぶしゃぶに合わせるお酒は「旦(だん)純米大吟醸 備前雄町」で、このお酒は雄町サミットで優等賞を受賞したお酒です。蔵は純米吟醸がパーカーポイントで91点を獲得したことや、旦がミシュランの星を獲得した飲食店で採用されていることなどで注目を集めています。

デザートに合わせるお酒は、「玉川 自然仕込 Time Machine Vintage」で、昨年、カンパイという映画に出演したイギリス人の杜氏、フィリップハーパーさんが江戸時代のお酒を再現したのがタイムマシンです。ビンテージはタイムマシンを熟成させたお酒です。


しゃぶしゃぶはポン酢ではなく、酢醤油派なので、この日は参加者みなさんにも味わっていただこうと、ミツカンの友人に数種類のお酢をチョイスしていただいたのでした。非売品のアニバーサリー醸造酢をはじめ、滅多にできない利き酢もさせていただき、なんとも贅沢なしゃぶしゃぶとなりました。みなさん、あまりにもおいしくて夢中になりすぎて気づいていなかったようですが、誰一人としてアク取していないのです。愛農ナチュラルポークはアクがほとんどでないので、それに慣れている方は、たまに他の豚肉を食べると驚かれるのです。

この日私が用意した肉量は一人当たり600g。足りないことを想定してかなり多い目に用意したのですが、終わってみれば何も残らず、なんとも凄まじい会でした。主催の井村さんはじめご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2月23日は赤身肉と旬野菜とビオワインの魅力を味わう食事会inきたやま南山

久しぶりにきたやま南山さんでのイベントです。肉と野菜とワインの魅力を味わう会ということで、野

記事を読む

2015年最後の肉Meetsはイルジョット高橋シェフとクレメンティア田淵シェフのイタリアンコラボ

ジビーフのLボーンは凄まじくおいしかったのでした。高橋シェフの火入れは炭と網の距離が近い独自

記事を読む

赤身2種類、霜降り1種類を見事に料理していただきました

親しくさせていただいている日本料理のお店に無理を言って肉を持ち込ませていただいた。ここのご主

記事を読む

オフラインサミット2013が6月8日、9日の2日間ラフォーレ琵琶湖で開催されます

湖南農業高校の生徒が作ったジャム[/caption] 店舗から車で10分くらい走ったところに

記事を読む

I・K・U青山でスペシャルな肉とワイン会

グランピングが静かなブームのようですが、そもそもグランピングとはなんぞやですが、グラマラス(glam

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
セジールの予約に関しまして

太田さんのアマゾンカカオがすばらしすぎて、テリーヌ・ド・ショコ

フランス産のバザス牛にチャレンジ

フランスで食べる肉と日本で食べるフランス産の肉はまったくの別物

フランスからバスク種純血100%の黒豚が入荷してきました

フランスからバスク種純血100%の黒豚が入荷してきました。いま

→もっと見る